洋楽カラオケで英語ペラペラ おすすめはこの曲 - できる!英語学習 究極のヒント

できる!英語学習 究極のヒント

 日本で独学でバイリンガルになった著者が、自身の豊富な経験を元に、英語学習に役立つヒントをシェアしています
スポンサードリンク


ソーシャル



公式フェイスブック交流ページ

著者紹介


川合 亮平 Ryohei Kawai
ロンドン・東京在住の
フリーランサー。
国際ジャーナリスト、通訳者
メディアコーディネーターとして、雑誌、書籍、テレビ・ラジオ
メディアで精力的に活動中。

大阪弁とイギリス英語の
バイリンガル。

インタビュアーとしては、
ハリウッド映画「ホビット」主演、BBCドラマ「シャーロック」
のワトソン役では英国アカデミー賞を受賞した
マーティン・フリーマンをはじめ、全英アルバムチャート1位を
獲得したエド・シーラン、アークティック・モンキーズ、
キャサリン・ジェンキンスなど、UK出身のミュージシャン・俳優
への英語インタビューを多数手がけている。
ロンドン五輪の現地取材も慣行。

高校時代の英語の成績は、
学年480人中478位の
落ちこぼれながら、
20歳から国内英語独習を
本格的に開始し、
現在の英語力に至る。

著書は、
『イギリス英語を聞く
The Red Book』
(コスモピア株式会社)
など。そのほか、月刊誌
『The English Journal』
(アルク)や季刊誌
『AERA English』
(朝日新聞社出版)
への寄稿も多数。
ブログ:ameblo.jp/ryohei-kawai-blog
ツイッター:@ryoheikawai

洋楽カラオケで英語ペラペラ おすすめはこの曲

スポンサードリンク

英語学習は、
真面目に学習として捉えない方が結果的にうまくいくケースが多い、

 

という趣旨のコラムはこれまで数多く書いています。

 

「勉強するぞ!」という態度は、一見すれば真面目で模範的でよさそうなんですが、

人間やっぱり、無理な事は継続できにくいんです(笑)

 

そうではなく、ぼくが提案したいのは、

 

「真面目に、不真面目な学習環境を作り出す」

 

「努力して、楽して学べる方法を考える」

 

ということなんです。

 

 

学習自体にガチガチに頑張るのではなく、

スムースな学習の為にも、しっかり労力を使う、という発想。

 

具体的には、

英語を使って自分が好きな事をする。

その環境を自分で整える。

 

例えば、

コーヒーが好きな人なら、

コーヒーのいれ方の、面白い英語動画、

コーヒーに関する、面白い英語ブログ、

などを”努力して”探してみる。

 

探す部分に労力をつぎ込んで、見つかれば、

あとはそれを定期的に見る・読む、ということを自分の英語学習にすればいい。

あとは、好きだから続きやすいのです。

 

 

同じように考えると、

洋楽が好きな人は、英語学習への転換は非情に単純です。

自分が好きな曲を楽しみながら練習する。

それだけ。

 

英語の発音をよくしたい、発信力を身につけたいから、洋楽カラオケの練習をする、

という発想でももちろんいいのですが、

 

どちらかというと、逆の方が、うまくいくケースが多いと思います。

 

つまり、

楽しんで洋楽カラオケの練習をしていたら、いつのまにか、英語の発音が良くなって、発信力も身に付いた。

 

曲を購入する。

 

聞く環境を作る。

歌詞を手元に準備する。

練習する。

 

それが、この英語学習がうまくいく為の環境づくりの部分です。

 

 

おすすめの曲は、自分が好きな曲。そのチョイスが正解です。

 

”英語学習によさそう”な曲ではなく、
自分が好きな曲を選んで練習する方がいいでしょう。

こんな書籍もあるので、ご参考にされてください。

英語で歌おう! スタンダード・ジャズ

英語で歌おう! ポップスの名曲からマザーグースまで

ロックスターの英語

 

*同じテーマで書いた人気記事です。こちらもお読みください。
その1「 カラオケで盛り上がる人気の洋楽定番 この5曲 -歌えば英語もうまくなる!」

http://englishltd.com/%E6%B4%8B%E6%A5%BD%E3%82%AB%E3%83%A9%E3%82%AA%E3%82%B1/12122012-1299.html

その2「カラオケで盛り上がる洋楽の定番!ワンダイレクションのWHAT MAKES YOU BEAUTIFUL!」

http://englishltd.com/%E6%B4%8B%E6%A5%BD%E3%82%AB%E3%83%A9%E3%82%AA%E3%82%B1/11122012-1292.html

*最新記事の読みのがし防止!
「いいね!」クリック!

“できる!英語学習 究極のヒント”公式FBページ。
http://www.facebook.com/englishltd1

スポンサードリンク