語彙力をつけるには? 英英辞典 勉強法! - できる!英語学習 究極のヒント

できる!英語学習 究極のヒント

 日本で独学でバイリンガルになった著者が、自身の豊富な経験を元に、英語学習に役立つヒントをシェアしています
スポンサードリンク


ソーシャル



公式フェイスブック交流ページ

著者紹介


川合 亮平 Ryohei Kawai
ロンドン・東京在住の
フリーランサー。
国際ジャーナリスト、通訳者
メディアコーディネーターとして、雑誌、書籍、テレビ・ラジオ
メディアで精力的に活動中。

大阪弁とイギリス英語の
バイリンガル。

インタビュアーとしては、
ハリウッド映画「ホビット」主演、BBCドラマ「シャーロック」
のワトソン役では英国アカデミー賞を受賞した
マーティン・フリーマンをはじめ、全英アルバムチャート1位を
獲得したエド・シーラン、アークティック・モンキーズ、
キャサリン・ジェンキンスなど、UK出身のミュージシャン・俳優
への英語インタビューを多数手がけている。
ロンドン五輪の現地取材も慣行。

高校時代の英語の成績は、
学年480人中478位の
落ちこぼれながら、
20歳から国内英語独習を
本格的に開始し、
現在の英語力に至る。

著書は、
『イギリス英語を聞く
The Red Book』
(コスモピア株式会社)
など。そのほか、月刊誌
『The English Journal』
(アルク)や季刊誌
『AERA English』
(朝日新聞社出版)
への寄稿も多数。
ブログ:ameblo.jp/ryohei-kawai-blog
ツイッター:@ryoheikawai

語彙力をつけるには? 英英辞典 勉強法!

スポンサードリンク

こんにちは、川合亮平です。

「語彙力をつけるには?」は、
英語学習者からとてもよく受ける質問です。

そして、

「語彙力が下がった~」は、
ぼくが日本で出会う英語ネイティブから良く聞くセリフです。

つまり、言語というものに向き合う限り、
語彙というのは、ある意味で永遠のテーマなんですね。

だからあまり気にしない、
というのが僕の持論なんですが、

それを踏まえた上で語彙強化法、書かせていただきます。

やっぱり、英英辞典を使うのがおすすめなんです。

辞書を選ぶときのポイントは、解説が理解出来るかどうか。

英英辞典は敷居が高いですが、探せば簡単なものもありますので、
書店に行って、読み比べながら、妥協せずに探すのがポイントだと思います。

英英辞書がおすすめな理由は、

●単語の意味がわかるだけでなく、リーディング力もつく、

●単語を英語の感覚で頭に入れられる

という点です。

分からない単語を引く、
という普通のやり方でも、
続けていれば必ず力がつきますが、

もう1歩踏み込んだ活用方法としては、

単語帳を作ることです。

超スタンダードな方法ですみません(笑)

しかし、これはかなり力が付きますよ。

単語帳に含める項目は、

1.単語のスペル
2.品詞
3.英英辞典の解説(1個:その単語を引いた文脈に合うもの)
4.例文(1個:その単語を引いた文脈に合うもの)

解説と例文は頑張って、記載されているもの全部書きたいところですが、
調べた動機となった文脈で使われている単語の意味(その文脈に当てはまる意味)、
以外の意味(単語によっては沢山意味があるものがありますよね?)は、
全て単語帳に記載せず、捨て去るのが正解だと思います。

単純に、そんな沢山一遍に覚えられないですから(笑)

日々学習していると、沢山知らない単語に出会いますので、
単語帳に記入する単語は数を制限するといいと思います。

例えば、1日5個までとか、
週20個まで、とか。

それ以外の新出単語は全て無視の方向で(笑)

いかがでしょうか?

ちなみにぼくは、
「コウビルド」の一番簡単な英英辞書を使っていました。
紙のものです。

コチラ。

おすすめです。

スポンサードリンク