川合流「英語単語の覚え方」 - できる!英語学習 究極のヒント

できる!英語学習 究極のヒント

 日本で独学でバイリンガルになった著者が、自身の豊富な経験を元に、英語学習に役立つヒントをシェアしています
スポンサードリンク


ソーシャル



公式フェイスブック交流ページ

著者紹介


川合 亮平 Ryohei Kawai
ロンドン・東京在住の
フリーランサー。
国際ジャーナリスト、通訳者
メディアコーディネーターとして、雑誌、書籍、テレビ・ラジオ
メディアで精力的に活動中。

大阪弁とイギリス英語の
バイリンガル。

インタビュアーとしては、
ハリウッド映画「ホビット」主演、BBCドラマ「シャーロック」
のワトソン役では英国アカデミー賞を受賞した
マーティン・フリーマンをはじめ、全英アルバムチャート1位を
獲得したエド・シーラン、アークティック・モンキーズ、
キャサリン・ジェンキンスなど、UK出身のミュージシャン・俳優
への英語インタビューを多数手がけている。
ロンドン五輪の現地取材も慣行。

高校時代の英語の成績は、
学年480人中478位の
落ちこぼれながら、
20歳から国内英語独習を
本格的に開始し、
現在の英語力に至る。

著書は、
『イギリス英語を聞く
The Red Book』
(コスモピア株式会社)
など。そのほか、月刊誌
『The English Journal』
(アルク)や季刊誌
『AERA English』
(朝日新聞社出版)
への寄稿も多数。
ブログ:ameblo.jp/ryohei-kawai-blog
ツイッター:@ryoheikawai

川合流「英語単語の覚え方」

スポンサードリンク

こんにちは、川合亮平です。

これまでぼくが試して実際に効果を感じた
英語単語強化法をシェアします。

全部超シンプルな方法ばかりです。

斬新な学習法の方がキャッチーでいいでしょうけど、
知りません(笑)

でも、真実は皆シンプルなものだと思うんです。
何にしても。

3つあります。

1. 新出単語を英英辞書で調べて解説と例文をノートに書く。

注意:解説と例文は1つずつのみ。
自分のレベルに合った簡単な英英辞書を選ぶ。
書く語彙は1日5個とか、10個とか決める。
それ以上わからない語彙が出てきても無視。
そのノートは書くこと自体に意味があるので、別に後から
見直す必要はなし。見直してももちろんOK。

2.没入読書(多読のやり方で)。
好物のモンブランを出されても見向きも出来ないくらいに
没入できる本を読書する。
新出語彙は辞書で調べても調べなくてもどちらでもOK。
“だいたい”意味が分かればOK。
ぼくは、「ハリー・ポッター」シリーズを没入読書して、
随分長ったらしい形容詞を辞書を一切引くことなく自然に覚えました。
やっぱり、とにかくシンプルに“読むこと”が一番語彙が増えます!

3.幼児(子供)向けのピクチャーディクショナリーをパラパラ見る。
知らない語彙が出てきたら、イラストを楽しみながら解説を読みます。
何故か知りませんが、かなり記憶定着率がいいです。
ちなみにウチにはセサミストリートのやつがあります。

あなたのスペシャル語彙強化法も教えてください!

P.S. “英語を読む”事を習慣づけるのにもってこいの素材。
ぼくは英語学習を集中的にしていた時期、定期購読していました。
英語全体的な力がすごくついたと感じています。
超おすすめです。

「週刊STの定期購読」

http://www.japantimes.co.jp/shukan-st/

*大きな駅のキヨスクにも売ってます!

スポンサードリンク