リスニング上達の原理原則 2つの原則 - できる!英語学習 究極のヒント

できる!英語学習 究極のヒント

 日本で独学でバイリンガルになった著者が、自身の豊富な経験を元に、英語学習に役立つヒントをシェアしています
スポンサードリンク


ソーシャル



公式フェイスブック交流ページ

著者紹介


川合 亮平 Ryohei Kawai
ロンドン・東京在住の
フリーランサー。
国際ジャーナリスト、通訳者
メディアコーディネーターとして、雑誌、書籍、テレビ・ラジオ
メディアで精力的に活動中。

大阪弁とイギリス英語の
バイリンガル。

インタビュアーとしては、
ハリウッド映画「ホビット」主演、BBCドラマ「シャーロック」
のワトソン役では英国アカデミー賞を受賞した
マーティン・フリーマンをはじめ、全英アルバムチャート1位を
獲得したエド・シーラン、アークティック・モンキーズ、
キャサリン・ジェンキンスなど、UK出身のミュージシャン・俳優
への英語インタビューを多数手がけている。
ロンドン五輪の現地取材も慣行。

高校時代の英語の成績は、
学年480人中478位の
落ちこぼれながら、
20歳から国内英語独習を
本格的に開始し、
現在の英語力に至る。

著書は、
『イギリス英語を聞く
The Red Book』
(コスモピア株式会社)
など。そのほか、月刊誌
『The English Journal』
(アルク)や季刊誌
『AERA English』
(朝日新聞社出版)
への寄稿も多数。
ブログ:ameblo.jp/ryohei-kawai-blog
ツイッター:@ryoheikawai

リスニング上達の原理原則 2つの原則

スポンサードリンク

このポイントを押さえておけば、リスニング力はひとりでに上がっていく
という方法を紹介します。

ポイントを押さえるだけなので、現在お手持ちの教材なども有効活用
していただけると思います。

 

その1は、「英語を集中して聴く」ということです。

当たり前のように思われるかもしれませんが、これはやはりとても大切です。

リスニング学習をしている方の話を聞いていても、このポイントが意外に
ぬけている方が多いのです。

例えば、いわゆる“ながら”リスニング学習をされている方。
車の運転をしながら、電車に乗りながら、本を読みながら、などなど、
英語の音だけに集中していない場合が少なくありません。

“ながら”学習の効果が無いというわけではなく(聴かないよりは
当然効果があります)、集中した方が圧倒的に、かけた時間に
対するリスニング力の向上が望めるということです。

 

では、具体的にどのような学習方法をしていけばいいのか、
書いてみます。

まずは今まで“ながら”リスニング学習をしていた方は、
お手持ちの教材・素材を意識的に集中して聴いてみるといいと思います。

ながらの時より学習効果が高まるのは確実です。

その次は、ディクテーションがおすすめです。ディクテーションとは、
聴こえた音声をそのまま筆写するという、香港などでは公立学校のカリキュラムにも
取り入れられている英語リスニングの王道練習法です。

集中しないとディクテーションできないので、これは強制的に集中力が
増すことになるのです。

あとは、TOEIC®などのリスニング問題を解くことです。こちらも集中して
聴かないと答えられません。答えが正解していようがそうでなかろうが、
集中した時間を稼いだという意味で、リスニング力向上に有効です。

 

リスニング上達の2つめの原理原則は

「意味を理解している素材を繰り返し聴くこと」

です。

意味を理解しないまま聴いていてもいいのですが、
意味を日本語で確認して聴いた方が効率的です。

理由は単純で、わからない個所はチェックしなければ、
わかるようにならない可能性が高い=学習効果がない、
ということです。

例えば、日本語訳、英語トランスクリプト付きの教材があったとして、
最初の数回は英語だけで聴くといいと思います。

これは1つめの原理原則に当てはまります。そして、その次、
英語の意味のとれなかったところ(単語、文)を日本語訳で確認します。

注意すべき点としては、1文まるまる意味がとれなかった箇所は、
和文の1文と1対にして意味を捉えるということです。

文を単語ひとつひとつ分解するのではなく、このような英語の意味の文の場合、
このような英語の意味の文になる、というように捉える事がとても大切です。

そのような捉え方のほうが、結果的に覚えやすいですし、アウトプットしやすくなります。
なぜなら、アウトプットするときは単語ひとつひとつの分解要素ではなく、意味の塊で出すからです。

 

「意味を理解している素材を繰り返し聴くこと」。

 

この原理原則は、意味と音を頭の中で結び付けること、
と思ってください。

 

しっかり意味を理解して聴くことで、

最初は音でしかなかった英語が意味に変わってくる瞬間がおとずれます。

そうなるまでに気をつけなければならないのは、同じ素材を繰り返し聴く

ということです。

 

頭の中で音が意味に変換するまでには、繰り返し聴くことが必要です。

 

期間としては1か月程度、1日1回として30回位聴くのがおすすめです。

そうすると、最初は理解できなかった構文や単語が、意味としてしっかり

頭に入るだけでなく、アウトプットできるレベルまで浸透しているはずです。

 

知らず知らずのうちに、その素材に含まれる英語全てが自分のものになっていて、

無意識のうちに口をついて英語が出るようになります。

 

 

 

 

 

スポンサードリンク