英語学習はシンプルがうまくいく! - できる!英語学習 究極のヒント

できる!英語学習 究極のヒント

 日本で独学でバイリンガルになった著者が、自身の豊富な経験を元に、英語学習に役立つヒントをシェアしています
スポンサードリンク


ソーシャル



公式フェイスブック交流ページ

著者紹介


川合 亮平 Ryohei Kawai
ロンドン・東京在住の
フリーランサー。
国際ジャーナリスト、通訳者
メディアコーディネーターとして、雑誌、書籍、テレビ・ラジオ
メディアで精力的に活動中。

大阪弁とイギリス英語の
バイリンガル。

インタビュアーとしては、
ハリウッド映画「ホビット」主演、BBCドラマ「シャーロック」
のワトソン役では英国アカデミー賞を受賞した
マーティン・フリーマンをはじめ、全英アルバムチャート1位を
獲得したエド・シーラン、アークティック・モンキーズ、
キャサリン・ジェンキンスなど、UK出身のミュージシャン・俳優
への英語インタビューを多数手がけている。
ロンドン五輪の現地取材も慣行。

高校時代の英語の成績は、
学年480人中478位の
落ちこぼれながら、
20歳から国内英語独習を
本格的に開始し、
現在の英語力に至る。

著書は、
『イギリス英語を聞く
The Red Book』
(コスモピア株式会社)
など。そのほか、月刊誌
『The English Journal』
(アルク)や季刊誌
『AERA English』
(朝日新聞社出版)
への寄稿も多数。
ブログ:ameblo.jp/ryohei-kawai-blog
ツイッター:@ryoheikawai

英語学習はシンプルがうまくいく!

スポンサードリンク

こんにちは、川合亮平です。

子どもが(大人でもいいですが)自転車の練習をするのと同じくらいシンプルだと思っています。

実は、自転車を練習する過程と、英語学習の過程はすごく似ているんですよ。

例えば、自転車は知識というより、体感で、乗りながら、
時にこけながら、乗れるようになる。
近道はないんですけど、まあシンプルに練習あるのみ、ですよね?

英語学習もそれとほぼ同じです。
まず自転車にまたがらないと、上達できない、ということで。

スピーキングはとにかく話す、
リーディングはとにかく読む、
ライティングはとにかく書く、
リスニングはとにかく聞く、

というのが、学習法ですよね。
シンプルすぎてもはや ”法”ではないですけど(笑)

もう少し親切に書いてみると、
いきなり自転車乗るのが怖い場合、補助輪があるわけですが、
英語学習も考え方は同じで、例えばいきなり海外ドラマを字幕なしで見るのが難しい場合、
(集中して見続けていれば わかるようになるんですけど)、

補助輪的なものを探してみる。例えばトランスクリプトとか日本語訳とか。
でも結局、いつかは補助輪を外すべき時が来る。

アチーブしたいゴール(例えば自転車に乗れるようになること)に直結した
練習をする、でも最初それで心もとない場合は補助輪をつければいい。
英語学習もそれくらいシンプルなんです。

自分の中にある、少しでもラクしたいという気持ち、
そして、
英語学習業界の商売根性が、
英語学習をややこしく、複雑にしているのではないでしょうか?

*同じテーマで書いた人気記事です。こちらもお読みください。
「 秘伝:失敗しない英語教材の選び方」
http://englishltd.com/learing-method/mindset/29102012-1122.html

*最新記事の読みのがし防止!
「いいね!」をプッシュ!“できる!英語学習 究極のヒント”公式FBページ。
http://www.facebook.com/englishltd1

【川合が効果を実感した、おすすめ英語学習教材】
Japan Timesが発行する、週刊の英語学習者用、英字新聞です。
「週刊ST」

スポンサードリンク