やっぱり海外ドラマ!おすすめの英語学習方法 - できる!英語学習 究極のヒント

できる!英語学習 究極のヒント

 日本で独学でバイリンガルになった著者が、自身の豊富な経験を元に、英語学習に役立つヒントをシェアしています
スポンサードリンク


ソーシャル



公式フェイスブック交流ページ

著者紹介


川合 亮平 Ryohei Kawai
ロンドン・東京在住の
フリーランサー。
国際ジャーナリスト、通訳者
メディアコーディネーターとして、雑誌、書籍、テレビ・ラジオ
メディアで精力的に活動中。

大阪弁とイギリス英語の
バイリンガル。

インタビュアーとしては、
ハリウッド映画「ホビット」主演、BBCドラマ「シャーロック」
のワトソン役では英国アカデミー賞を受賞した
マーティン・フリーマンをはじめ、全英アルバムチャート1位を
獲得したエド・シーラン、アークティック・モンキーズ、
キャサリン・ジェンキンスなど、UK出身のミュージシャン・俳優
への英語インタビューを多数手がけている。
ロンドン五輪の現地取材も慣行。

高校時代の英語の成績は、
学年480人中478位の
落ちこぼれながら、
20歳から国内英語独習を
本格的に開始し、
現在の英語力に至る。

著書は、
『イギリス英語を聞く
The Red Book』
(コスモピア株式会社)
など。そのほか、月刊誌
『The English Journal』
(アルク)や季刊誌
『AERA English』
(朝日新聞社出版)
への寄稿も多数。
ブログ:ameblo.jp/ryohei-kawai-blog
ツイッター:@ryoheikawai

やっぱり海外ドラマ!おすすめの英語学習方法

スポンサードリンク

こんにちは、川合亮平です。

あなたは英語のリスニング力アップのために、
どのような学習をされていますか?

「映画を字幕なしで見たい」とか、

「英語が母国語の友人の英語が全部わかるようになりたい」とか、

「TOEICで高得点を狙っている」とか、

リスニング力をつけたい!
と思われる動機は様々だと思います。

世間では色々なリスニング学習法が溢れていますが、
今回は、一番楽しくて、
そしてもちろん効果のあるリスニングUP法について書きます。

これは特に、ある程度英語の基礎が身についている
中級者以上(TOEIC550~)の方にお勧めです。

その方法とはずばり、「海外ドラマ/映画を見る」です。

ソファに寝転んで、
気の利いたスナックとドリンクを用意して、見るだけ。

教科書も、辞書も先生も要りません。

ポイントは、

1.お気に入りの1本を繰り返し見る。

2.字幕なしで見る。

3.とにかく楽しむ。/定期的に見る。

具体的にみていきましょう。

1.お気に入りの1本をみつけるのがまず大切です。

何回見ても飽きない作品を探し出しましょう。

そして、繰り返し見る事で、リスニング力が自然に身についてきます。

2.人間の視覚と聴覚が同時に働いた時、

視覚の方が勝つといわれています。日本語字幕を見ながら、

英語リスニングをしているつもりでも、

実際のところは、視覚から入ってくる日本語の情報に

殆どの集中力をつかってるものなんです。

ですので、思い切って字幕をOFFにしてしまいましょう。

3.リスニング練習と思わず、とにかくドラマ/映画鑑賞を楽しんでください。

最初の内は、仮に全体の5%位しか聞き取れなくても大丈夫です。

見続けることで必ずリスニング力は向上していき、

5%が15%、そして50%へと徐々に理解度が上がっていきます。

そういう意味で、

「言っていることはわからなくても楽しめる!」

作品を選ぶことも重要です。

ちなみに、ぼくが英語学習を意識的にしっかりしていた時期、
学習と楽しみを兼ねて良く見ていた作品は以下です。

ポイントは、

1.英語が比較的平易
2.内容が面白い/わかりやすい

です。

○「フレンズ」:

NYが舞台の抱腹絶倒超ヒットコメディー。
男女6人の友情や恋愛、
それぞれのライフスタイルを軸に話が展開していきます。
この作品で英語を学習した(している)人は意外に多いようですね。
超!お勧めの作品。

○「フルハウス」:

アメリカ西海岸を舞台にしたファミリードラマの決定版。
最近ゴシップ誌をにぎわすオルセン姉妹も子役で出演しています。

○(番外編)「the office(オフィス)」:

イギリスで大ヒットしたBBC製作の傑作コメディ。
ぼくの座右の作品。
英語はかな~りむつかしいです(笑)
イギリス英語・ユーモア好き限定おすすめ作品。

あなたのおすすめドラマがあれば教えてください!

スポンサードリンク