映画「ホビット」の主演マーティン・フリーマンがぼくの英語の先生 - できる!英語学習 究極のヒント

できる!英語学習 究極のヒント

 日本で独学でバイリンガルになった著者が、自身の豊富な経験を元に、英語学習に役立つヒントをシェアしています
スポンサードリンク


ソーシャル



公式フェイスブック交流ページ

著者紹介


川合 亮平 Ryohei Kawai
ロンドン・東京在住の
フリーランサー。
国際ジャーナリスト、通訳者
メディアコーディネーターとして、雑誌、書籍、テレビ・ラジオ
メディアで精力的に活動中。

大阪弁とイギリス英語の
バイリンガル。

インタビュアーとしては、
ハリウッド映画「ホビット」主演、BBCドラマ「シャーロック」
のワトソン役では英国アカデミー賞を受賞した
マーティン・フリーマンをはじめ、全英アルバムチャート1位を
獲得したエド・シーラン、アークティック・モンキーズ、
キャサリン・ジェンキンスなど、UK出身のミュージシャン・俳優
への英語インタビューを多数手がけている。
ロンドン五輪の現地取材も慣行。

高校時代の英語の成績は、
学年480人中478位の
落ちこぼれながら、
20歳から国内英語独習を
本格的に開始し、
現在の英語力に至る。

著書は、
『イギリス英語を聞く
The Red Book』
(コスモピア株式会社)
など。そのほか、月刊誌
『The English Journal』
(アルク)や季刊誌
『AERA English』
(朝日新聞社出版)
への寄稿も多数。
ブログ:ameblo.jp/ryohei-kawai-blog
ツイッター:@ryoheikawai

映画「ホビット」の主演マーティン・フリーマンがぼくの英語の先生

スポンサードリンク

こんにちは、川合亮平です。

 

英会話の時、実践も練習も含めて、

「見本(ロール・モデル)」を持つことは極めて大切だと思います。

 

ぼくは、過去、今も、ことあるごとに、

”だれかの”英語を手本(見本)に英会話していきました。

 

そんなぼくの大切な英会話ロールモデルを紹介します。

 

最新映画(12月公開)「ホビット 思いがけない冒険」の主演にもなり、

 

今やイギリスを代表する若手俳優の1人、

 

マーティン・フリーマン氏です。

 

 

初めて彼の存在を知ったのは、

 

イギリスBBCの超ヒットコメディードラマ「the office(ザ・オフィス)」にて。

 

マーティン・フリーマン氏は、そのドラマで

準主役のTim(ティム)役でした。

 

ソフトで、いい人、ウィッティー、

若干ナイーブな所があるけど、女性にはポピュラー・・・。

 

そんなキャラになりたい時は、

脳にTim(ティム)を宿します(笑)

 

キャラにこだわらない時でも、

ぼくの気性と、マーティンの気性はなんとなく合うんです。

ロール・モデルとして最適なんです。

 

もちろん、たくさんたくさん、映像を見て、集中してティム(マーティン・フリーマン)

をインプットするのは大前提になりますが、

 

英語を話す時、特にまだ英会話に慣れてない頃は、

演じる要素ってすごく大切だと思います。

 

 

なりきってナンボ、だと思います。

 

これは、100%自慢話ですが(笑)、

 

実は、数年前、マーティン・フリーマン氏が、

三谷幸喜さん原作「笑の大学」の英語版舞台の主役として

東京講演を行った時、

 

マンツーマンで取材させていただいたんです。

超!いい人で、年が近い事もあり、意気投合しました。

 

そんなことも踏まえての、ロール・モデル、マーティン・フリーマン。

(ハリウッド映画「ホビット」での主役抜擢!!は自分事のように嬉しいです)

 

ところで、彼が世に出るきっかけになった、イギリスドラマ

「the office(オフィス)」、ぼくの中では世紀の大傑作なんです。

ぼくの人生においても、とっても大切な1本。

 

 

それについては又今度じっくり書いてみます。

 

 

p.s. 「ホビット 思いがけない冒険」のPRで、12月にマーティン・フリーマン、

来日です!!東京のブリティッシュパブで一緒に一杯できるように今画策中です(笑)

 

スポンサードリンク