英語が聴き取れない理由 - できる!英語学習 究極のヒント

できる!英語学習 究極のヒント

 日本で独学でバイリンガルになった著者が、自身の豊富な経験を元に、英語学習に役立つヒントをシェアしています
スポンサードリンク


ソーシャル



公式フェイスブック交流ページ

著者紹介


川合 亮平 Ryohei Kawai
ロンドン・東京在住の
フリーランサー。
国際ジャーナリスト、通訳者
メディアコーディネーターとして、雑誌、書籍、テレビ・ラジオ
メディアで精力的に活動中。

大阪弁とイギリス英語の
バイリンガル。

インタビュアーとしては、
ハリウッド映画「ホビット」主演、BBCドラマ「シャーロック」
のワトソン役では英国アカデミー賞を受賞した
マーティン・フリーマンをはじめ、全英アルバムチャート1位を
獲得したエド・シーラン、アークティック・モンキーズ、
キャサリン・ジェンキンスなど、UK出身のミュージシャン・俳優
への英語インタビューを多数手がけている。
ロンドン五輪の現地取材も慣行。

高校時代の英語の成績は、
学年480人中478位の
落ちこぼれながら、
20歳から国内英語独習を
本格的に開始し、
現在の英語力に至る。

著書は、
『イギリス英語を聞く
The Red Book』
(コスモピア株式会社)
など。そのほか、月刊誌
『The English Journal』
(アルク)や季刊誌
『AERA English』
(朝日新聞社出版)
への寄稿も多数。
ブログ:ameblo.jp/ryohei-kawai-blog
ツイッター:@ryoheikawai

英語が聴き取れない理由

スポンサードリンク

 

「英語が聴き取れない」

 

英語学習を始めた人なら

まずだれもが最初にぶつかる壁ではないでしょうか。

 

 

相手の言っていることがわからない、

TOEICリスニングセクションでいい点数がとれない、

などなど。

 

では、どのようにすれば聴こえるようになるのか。

 

方法は色々ありますが、

1つの有効な方法は、

 

逆の発想で、なぜ聴き取れないのか、

 

を考える事だと思います。そしてそれを克服する。

 

英語が聴き取れない理由は、

大きく2つあると思います。

 

一つ目は、‘音’。

 

音自体を耳でとらえられていない、

つまり、読めばわかるけれども、聴くとわからない。

 

それは、音の問題だと思います。

 

ではそれはどのように克服できるでしょうか?

 

英語を落ち着いて読めばわかるが、聴くととたんにわからない

 

そんな方、いらっしゃると思います。

 

それは、英語の音が耳に馴染んでいないのが

主な理由だと思います。

 

では、馴染ませるにはどうすればいいか?

 

 

方法は簡単で、これは、

英語を耳に入れる時間に比例して、聴解力は増してきます。

 

でたらめにとにかく聴けばいいのか、

というと、それでもいいんですが、

学習として取り組む場合、

 

 

はやり集中して聴く方がいいと思います。

 

集中して聴くには、どんな練習がいいか?

 

それは、‘デイクテーション’がいいと思います。

 

流れる英語をとにかく、書き取る、

という昔ながらの練習法。

 

地味ですが、効果は抜群です。

 

地道に続ければ、確実に、

 

‘英語を聴き取れる耳’

 

が育っていきます。

 

 

英語リスニングが難しい理由について。

 

2つ目の理由は、‘意味’です。

 

例としては、

デイクテーションをすると、

全部しっかり、一語一句書けるが(音は頭に入っているが)、

それが意味として理解できない。

 

こういうご経験ある方も多いと思います。

 

これは、ズバリ、構文力が不足している事が原因です。

語彙力の不足もありますが、構文力の方が大きいと思います。

 

 

では、これを克服するのにはどうすればいいか。

 

わからなかった構文を徹底的に頭に叩き込む、という単純な結論です。

 

方法としては、

 

意味をイメージしながら、その構文を何回も聴き、何回も声に出して読む、

というのが効果的だと思います。

 

‘意味をイメージしながら’というのが重要なところで、

これをすると、

 

音と意味が頭の中で、ガッチャンと結びつきます。

 

構文が意味として頭に入っていれば、

次からは同じ構文が出てきても、聴き取れる訳です。

 

 

 

スポンサードリンク