これが王道!英語リスニング・スピーキング学習法のコツ - できる!英語学習 究極のヒント

できる!英語学習 究極のヒント

 日本で独学でバイリンガルになった著者が、自身の豊富な経験を元に、英語学習に役立つヒントをシェアしています
スポンサードリンク


ソーシャル



公式フェイスブック交流ページ

著者紹介


川合 亮平 Ryohei Kawai
ロンドン・東京在住の
フリーランサー。
国際ジャーナリスト、通訳者
メディアコーディネーターとして、雑誌、書籍、テレビ・ラジオ
メディアで精力的に活動中。

大阪弁とイギリス英語の
バイリンガル。

インタビュアーとしては、
ハリウッド映画「ホビット」主演、BBCドラマ「シャーロック」
のワトソン役では英国アカデミー賞を受賞した
マーティン・フリーマンをはじめ、全英アルバムチャート1位を
獲得したエド・シーラン、アークティック・モンキーズ、
キャサリン・ジェンキンスなど、UK出身のミュージシャン・俳優
への英語インタビューを多数手がけている。
ロンドン五輪の現地取材も慣行。

高校時代の英語の成績は、
学年480人中478位の
落ちこぼれながら、
20歳から国内英語独習を
本格的に開始し、
現在の英語力に至る。

著書は、
『イギリス英語を聞く
The Red Book』
(コスモピア株式会社)
など。そのほか、月刊誌
『The English Journal』
(アルク)や季刊誌
『AERA English』
(朝日新聞社出版)
への寄稿も多数。
ブログ:ameblo.jp/ryohei-kawai-blog
ツイッター:@ryoheikawai

これが王道!英語リスニング・スピーキング学習法のコツ

スポンサードリンク

こんにちは、川合亮平です。

今回は、ステップ・バイ・ステップで、リスニングとスピーキング学習の
やり方について紹介します。

ぼくは、この手順で学習して、確実に学習成果を出してきたと思っています。

とはいっても、学習のやり方は十人十色なので、以下の手順そのままやっていただいてももちろん構いませんし、自己流にアレンジしていただいても構いません。

ご参考になれば幸いです。

1.教材選び
自分の好きなスピーカー、興味のある内容、聞きたい/話したい英語教材を選びましょう!

2.Let’s start listening!
まずは、スクリプトなしで2、3回集中して聞きます。

3.しっかり理解
スクリプト、和訳、解説を参考にしながら、英文の意味・構文などをしっかり理解します。一語一句、翻訳的に理解するよりも、ある程度の意味の塊で理解することが大切です。理屈で理解することも大切ですが、それ以上に、こういった場面・感情の時は、このフレーズ、というように、感覚的に文・フレーズを丸覚えする位の気持ちがとても大切です。ここの工程を丁寧に行うほど、後の工程の効果が期待できます。

4.多聴
しっかり理解できた音声素材を聞き込みます。覚えるくらい聞くと大変効果的です。インプット(リスニング)を意識的に増やすとアウトプット(スピーキング)のポテンシャルは自然に上がってきます。目安として、週5日、4~5週間同じ素材を聞き込むとかなり効果的です。

5.アウトプット訓練
リスニング教材は、リスニングだけでももちろんいいですが、同じ教材をスピーキング練習にも使用すると、より効果的です。4.の工程と並行して、または、飛ばしてアウトプットの訓練に入ってもいいと思います。アウトプットのおすすめの練習法はずばり、音読とシャドーイングです。
2つの練習法に共通する重要ポイントは、
スピーカーになりきって、モノマネのつもりで読む!
作業中は細部にはあまりこだわらず流れ・リズムを大切に!
感情を込めて読む!(できれば身振り手振りもつけて)

6.シャドーイングをしよう!
聞こえてくる英語をそのまま声に出す、英語の1つのトレーニング方法です。流れてくる音に影(シャドウ)のようについていくので、シャドーイングといいます。元々は、同時通訳者の訓練方法として発達しました。特にスピーキングとリスニング能力向上に効果があることから、近年では英語学習者の間にも広まっています。対象は中上級・上級者以上ですが、素材の選び方によっては、初・中級者でも訓練が可能です。発音、イントネーションが訓練・矯正されるため、ナチュラルなスピーキング力をつけるには絶好の訓練方法です。同じ素材を繰り返しシャドーイングすることで、自然な表現、ボキャブラリーの増加にもつながります。総じて、リスニング力、スピーキング力が飛躍的に向上します。慣れない時は、まずはスプリクトを見ながら、慣れたら音声だけで挑戦してみましょう。

素材の長さと訓練時間:
シャドーイングは、高い集中力を必要とする訓練です。1日に長時間するより、少しずつでも毎日続けるようにする方が効果は上がりやすいでしょう。1回の訓練では、5分から15分程度、長くても45分程度が適当です。同じ教材を暗唱できるほどシャドーイングを繰り返すことがポイントです。

いかがでしょうか、1つの素材をリスニング練習から、スピーキング練習まで、
使い倒すことで、相当な英語力がつきますよ。

*同じテーマで書いた人気記事です。こちらもお読みください。
「 リスニング上達の原理原則 2つの原則」
http://englishltd.com/listening/29052011-90.html

*「この記事を読んでよかった!」と思ったあなたは、
以下にある、ツイッター、フェイスブックなど、どれかのボタンをプッシュ!プリーズ!

スポンサードリンク