英語リスニング上達にゴールはあるか?(英語がわかる、その先にあるもの) - できる!英語学習 究極のヒント

できる!英語学習 究極のヒント

 日本で独学でバイリンガルになった著者が、自身の豊富な経験を元に、英語学習に役立つヒントをシェアしています
スポンサードリンク


ソーシャル



公式フェイスブック交流ページ

著者紹介


川合 亮平 Ryohei Kawai
ロンドン・東京在住の
フリーランサー。
国際ジャーナリスト、通訳者
メディアコーディネーターとして、雑誌、書籍、テレビ・ラジオ
メディアで精力的に活動中。

大阪弁とイギリス英語の
バイリンガル。

インタビュアーとしては、
ハリウッド映画「ホビット」主演、BBCドラマ「シャーロック」
のワトソン役では英国アカデミー賞を受賞した
マーティン・フリーマンをはじめ、全英アルバムチャート1位を
獲得したエド・シーラン、アークティック・モンキーズ、
キャサリン・ジェンキンスなど、UK出身のミュージシャン・俳優
への英語インタビューを多数手がけている。
ロンドン五輪の現地取材も慣行。

高校時代の英語の成績は、
学年480人中478位の
落ちこぼれながら、
20歳から国内英語独習を
本格的に開始し、
現在の英語力に至る。

著書は、
『イギリス英語を聞く
The Red Book』
(コスモピア株式会社)
など。そのほか、月刊誌
『The English Journal』
(アルク)や季刊誌
『AERA English』
(朝日新聞社出版)
への寄稿も多数。
ブログ:ameblo.jp/ryohei-kawai-blog
ツイッター:@ryoheikawai

英語リスニング上達にゴールはあるか?(英語がわかる、その先にあるもの)

スポンサードリンク

こんにちは、川合亮平です。

最近気付いたことをシェアします。

「英語を集中して聞く時間に比例して、
リスニング力がつくだけでなく、発音もよくなる」
という事です。

深く実感しています。

と、同時に、

英語でも日本語でも音楽でも何でも、
(大きな意味での)聞く能力の発達に限界はないと感じています。

簡単に書くと、英語のリスニング力というのは、
”英語が日本語のように理解できる”状態がゴールなのではなく、
実はその先にも色々未知の世界が広がっている、ということです。

その1つが、発音がよくなること、だと思います。

リスニング力が高まり、音がよりはっきりと認識できることで、
自分で自分の発音を矯正する力が自動的に働くんです。

自分が発する音と、頭の中にある手本の音(それは沢山集中して聞くことで、
より鮮明に記憶に刻まれます)
を、頭の中で比べて、自分の音を、手本の音にすり合わせられるんです。

ぼくは、自分の発音はまだまだ発展途上だと思っており、
その理由としては、去年よりも今年の方が、自分の発音が
よくなっていると実感しているからです。

そして、その要因が英語多聴によるところが非常に大きいと
感じているのです。

移動中や家事をしているときなど、
だいたいiPhoneにダウンロードしたお気に入りのポッドキャスト番組を
聞いています。
情報収集と娯楽が目的ですが、
結果的に英語を沢山聞くことで発音もよくなるので、一石二鳥、三鳥です。

今ぼくが聞いているポッドキャストについては、
また別の機会にシェアさせていただきます。

あなたの多聴素材も是非教えてください!
*FB, Twitter経由で、お気軽に書き込みください。

P.S. ぼくが数年前から繰り返し聞き続けている(これだけで総時間数1000時間は軽く超えているでしょう)、オーディオブック。
ぼくがいつもインスピレーションをもらっていて、尊敬してやまない、英コメディアン・映画監督のリッキー・ジャベイスのコメディ・トークショー・オーディオブック。

どれだけ聞いても飽きません。

The Ricky Gervais Show Podcast

スポンサードリンク