全米で話題の新SNS、Pinterestピンタレストとは?-ピンタレストマーケティング、楽しみ方を英語で学ぼう!- - できる!英語学習 究極のヒント

できる!英語学習 究極のヒント

 日本で独学でバイリンガルになった著者が、自身の豊富な経験を元に、英語学習に役立つヒントをシェアしています
スポンサードリンク


ソーシャル



公式フェイスブック交流ページ

著者紹介


川合 亮平 Ryohei Kawai
ロンドン・東京在住の
フリーランサー。
国際ジャーナリスト、通訳者
メディアコーディネーターとして、雑誌、書籍、テレビ・ラジオ
メディアで精力的に活動中。

大阪弁とイギリス英語の
バイリンガル。

インタビュアーとしては、
ハリウッド映画「ホビット」主演、BBCドラマ「シャーロック」
のワトソン役では英国アカデミー賞を受賞した
マーティン・フリーマンをはじめ、全英アルバムチャート1位を
獲得したエド・シーラン、アークティック・モンキーズ、
キャサリン・ジェンキンスなど、UK出身のミュージシャン・俳優
への英語インタビューを多数手がけている。
ロンドン五輪の現地取材も慣行。

高校時代の英語の成績は、
学年480人中478位の
落ちこぼれながら、
20歳から国内英語独習を
本格的に開始し、
現在の英語力に至る。

著書は、
『イギリス英語を聞く
The Red Book』
(コスモピア株式会社)
など。そのほか、月刊誌
『The English Journal』
(アルク)や季刊誌
『AERA English』
(朝日新聞社出版)
への寄稿も多数。
ブログ:ameblo.jp/ryohei-kawai-blog
ツイッター:@ryoheikawai

全米で話題の新SNS、Pinterestピンタレストとは?-ピンタレストマーケティング、楽しみ方を英語で学ぼう!-

スポンサードリンク

こんにちは、川合亮平です。

英語上達のキーワードの1つは、
(なるべく)英語学習の為に英語に触れるのではなく、
(できれば)何か他に興味のあることのインプットを“英語を介して”行うことです。

理由は至極単純で、
英語力は、英語に触れた、“量”と“集中度”で決まりますので、
“介して”の方が、量も集中度も得られやすい、と思うからです。

ぼくは最近個人的に、ソーシャルメディア(SNSなど)や、
マーケティングに興味があり、

その分野の情報は日本語でもありますが、
だいたいアメリカ発のものが多いので、

ダイレクトに情報収集しています。

これは、この分野に限らず、英語の世界に入る
大きなモチベーションになりえると思うのですが、
興味のある分野というのは、
できるだけ新鮮で正確な情報を得たいですよね。

書籍でも映画でも、日本語版を待っている時間が惜しいし、
もしかしたら、永遠に日本語版はでないかもしれないし(笑)

1次情報が一番強いと思います。(言語に関わらず)

前置きが長くなりましたが、

最近のぼくのお気に入りのポッドキャスト番組の一つをシェアします。
「Social Media Examiner」

http://www.socialmediaexaminer.com/

アメリカのソーシャルメディアの最新情報を
様々な角度から、その分野の専門家を招いて
インタビューする、という毎週更新の番組です。

お堅い感じじゃ全然なく、「ハーイ、ガーイズ!」って感じの、
陽気なアメリカンな感じなので(笑)気軽に聞けます。

でも中身は超濃いです。

それで、ピンタレストを紹介する回があったので、
シェアしますね。
この回は以下から聞けます(音源ダウンロードできます)。

Pinterest Marketing: What Marketers Need to Know to Succeed
http://www.socialmediaexaminer.com/pinterest-marketing-what-marketers-need-to-know-to-succeed/

ピンタレストマーケティングの第一人者である、
Beth Haydenさんをゲストに、
彼女の最新のピンタレストについての著書を軸に話が進みます。

Pinfluence: The Complete Guide to Marketing Your Business with Pinterest

ぼく、実は、これを機会に初めて
ピンタレストというSNSを知りました。
次から次に色々あるもんですね(笑)

アメリカではFBやTwitterを上回る盛り上がりを
見せているということで、
特に女性を中心に。
そのうち、日本でもヤイヤイ言われることが予想されます(笑)

この回では、ベスさんが、
―そもそも、ピンタレストとは何か?
―アメリカでどれくらい流行っているのか?
―どんな使い方・機能があるのか?
―どんな楽しみ方があるのか?
―マーケティングツールとしてどのように使えるのか?

をメインに、30分程度、じっくり、たっぷり
語っています。

これを聞くだけで、にわかピンタレスト博士になれますよ(笑)

多分日本ではまだほとんど知られていないので、
シッカリ聞きこめば、かなりの優越感を味わえること必至です(笑)

この“優越感”というのが、
英語学習者が“ちょっと頑張って英語1次情報に触れてみる”、
ことの一番の報酬かもしれませんね。

あなたの”優越感”体験、教えてください!
*コメントは、FB, Twitter経由でお気軽に。

スポンサードリンク