英語がすぐに“できる”“話せる”ようになる方法 - できる!英語学習 究極のヒント

できる!英語学習 究極のヒント

 日本で独学でバイリンガルになった著者が、自身の豊富な経験を元に、英語学習に役立つヒントをシェアしています
スポンサードリンク


ソーシャル



公式フェイスブック交流ページ

著者紹介


川合 亮平 Ryohei Kawai
ロンドン・東京在住の
フリーランサー。
国際ジャーナリスト、通訳者
メディアコーディネーターとして、雑誌、書籍、テレビ・ラジオ
メディアで精力的に活動中。

大阪弁とイギリス英語の
バイリンガル。

インタビュアーとしては、
ハリウッド映画「ホビット」主演、BBCドラマ「シャーロック」
のワトソン役では英国アカデミー賞を受賞した
マーティン・フリーマンをはじめ、全英アルバムチャート1位を
獲得したエド・シーラン、アークティック・モンキーズ、
キャサリン・ジェンキンスなど、UK出身のミュージシャン・俳優
への英語インタビューを多数手がけている。
ロンドン五輪の現地取材も慣行。

高校時代の英語の成績は、
学年480人中478位の
落ちこぼれながら、
20歳から国内英語独習を
本格的に開始し、
現在の英語力に至る。

著書は、
『イギリス英語を聞く
The Red Book』
(コスモピア株式会社)
など。そのほか、月刊誌
『The English Journal』
(アルク)や季刊誌
『AERA English』
(朝日新聞社出版)
への寄稿も多数。
ブログ:ameblo.jp/ryohei-kawai-blog
ツイッター:@ryoheikawai

英語がすぐに“できる”“話せる”ようになる方法

スポンサードリンク

第2言語として英語を使うという事に対して、
多くの日本人が持っている誤解について書きます。

 

1.英語が出来る(話せる)、出来ない(話せない)、

 

ということと、

 

2.英語がうまい、うまくない、

 

ということに直接的な相関関係はない、ということです。

 

 

この部分を混同している人が非常に多いと感じています。

唐突な提言でしたでしょうか?

 

表現を変えると、

1は主観、2は客観なんです。

 

 

自分が“できる”“話せる”というラインは、自分が決めるべきなんです。

そのラインの基準はあってないようなもんです、

つまり、それは“常に今”、誰がなんと言うと、テストの点数が何点であろうと、

自分は英語ができる、決めれば、その瞬間、あなたは英語ができるようになるんです。

 

自分を、英語学習者から、英語使用者に変えるんです。

 

学習者マインドが強すぎると、客観評価に囚われすぎます、

なぜそれがいけないかというと、客観評価は基本的には常に減点方式だから、満点になる事がありません、

つまり、客観評価だけに頼って学習者のままでは、英語が“できる”瞬間は永遠に訪れません。

 

どれだけ学習しても、永遠にやってこないと思います。

 

ぼく自身も含めて、ぼくの周りで、英語が“できる”人は、意識的にも無意識的にも、みんな、英語使用者マインドの人たちです。

そして、そんな主観の“できる”人たちを客観視すると、そのレベルはまちまちです、

つまり、客観的にうまい人もいれば、そうでない人もいる、

でも、それが一体なんだというのでしょうか?

 

本人が“できる”マインドで、責任を持って英語を使って仕事なり、コミュニケーションしていることが一番重要なことです。

ぼくも到底完璧とはいえない、間違いだらけの英語で、取材やインタビューなど、英語を使って仕事・生活していますが、

 

たとえば、そんなぼくに対して、客観的評価で、

「川合は発音が良くない」とか、

「川合の英文法はめちゃくちゃ」とか、

「川合のTOEICのスコアはたいしたことない」とか、

言われたとしても(笑)、それが何?ということなんです。

 

 

自分は“できる”と思って、実際に英語を使って、機嫌良く日々生活してるんだから、それでいいじゃないか、と思うんです。

“できる”という主観をまず置いて、そして“もっとできる”ようになるために、客観判断を使うのは建設的です、

それがテストや人の評価の健全で正しい捉え方だと思います。

 

客観判断は、決して、“できる”ようになるための基準ではありません。

誰が何を言おうが、“できる”と思った人から、英語使用者の仲間入りです。

 

繰り返しますが、

“できる”ようになるのは、今、この瞬間、です。

 

同じテーマで書いた人気記事です。こちらもお読みください。

英語学習、もうやめませんか?

 

*英語力アップの耳寄り情報更新中!

“できる!英語学習 究極のヒント”公式FBページ。

「いいね!」クリック!
http://www.facebook.com/englishltd1

 

*「この記事を読んでよかった!」と思ったあなたは、

以下にある、ツイッター、フェイスブックなど、どれかのボタンをプッシュ!プリーズ!

スポンサードリンク