“Back”の日常英会話表現 - できる!英語学習 究極のヒント

できる!英語学習 究極のヒント

 日本で独学でバイリンガルになった著者が、自身の豊富な経験を元に、英語学習に役立つヒントをシェアしています
スポンサードリンク


ソーシャル



公式フェイスブック交流ページ

著者紹介


川合 亮平 Ryohei Kawai
ロンドン・東京在住の
フリーランサー。
国際ジャーナリスト、通訳者
メディアコーディネーターとして、雑誌、書籍、テレビ・ラジオ
メディアで精力的に活動中。

大阪弁とイギリス英語の
バイリンガル。

インタビュアーとしては、
ハリウッド映画「ホビット」主演、BBCドラマ「シャーロック」
のワトソン役では英国アカデミー賞を受賞した
マーティン・フリーマンをはじめ、全英アルバムチャート1位を
獲得したエド・シーラン、アークティック・モンキーズ、
キャサリン・ジェンキンスなど、UK出身のミュージシャン・俳優
への英語インタビューを多数手がけている。
ロンドン五輪の現地取材も慣行。

高校時代の英語の成績は、
学年480人中478位の
落ちこぼれながら、
20歳から国内英語独習を
本格的に開始し、
現在の英語力に至る。

著書は、
『イギリス英語を聞く
The Red Book』
(コスモピア株式会社)
など。そのほか、月刊誌
『The English Journal』
(アルク)や季刊誌
『AERA English』
(朝日新聞社出版)
への寄稿も多数。
ブログ:ameblo.jp/ryohei-kawai-blog
ツイッター:@ryoheikawai

“Back”の日常英会話表現

スポンサードリンク

今回も、Backという誰もが知る単語をとりあげて、


よく使う日常英会話表現を解説します。

是非、使ってみてください。

(フェイスブック、ツイッターで使える英語表現)

●Back home!  / Back in Osaka!


●解説: 「back in 場所」で 場所に帰ってきました!という意味になります。


自分が使う場合は、当然、I’mが省略されている訳ですが、


主語が明らかな場合は、主語を省く傾向にあります。


とくに、ソーシャルメディアにおいては、


だれが書いているか明らかなので、主語は省きます。


注意点としては、homeの前には前置詞はつかない、ということです。


では、例えば、このような友達のコメントをfacebookで見た場合、


あなたならどのようにコメントを返しますか?


色々考えられますが、一番単純でスタンダードなのは、


Welcome back! (おかえり!)


がいいと思います。



是非実際に使ってみてください!

スポンサードリンク