ネイティブ英語  - できる!英語学習 究極のヒント

できる!英語学習 究極のヒント

 日本で独学でバイリンガルになった著者が、自身の豊富な経験を元に、英語学習に役立つヒントをシェアしています
スポンサードリンク


ソーシャル



公式フェイスブック交流ページ

著者紹介


川合 亮平 Ryohei Kawai
ロンドン・東京在住の
フリーランサー。
国際ジャーナリスト、通訳者
メディアコーディネーターとして、雑誌、書籍、テレビ・ラジオ
メディアで精力的に活動中。

大阪弁とイギリス英語の
バイリンガル。

インタビュアーとしては、
ハリウッド映画「ホビット」主演、BBCドラマ「シャーロック」
のワトソン役では英国アカデミー賞を受賞した
マーティン・フリーマンをはじめ、全英アルバムチャート1位を
獲得したエド・シーラン、アークティック・モンキーズ、
キャサリン・ジェンキンスなど、UK出身のミュージシャン・俳優
への英語インタビューを多数手がけている。
ロンドン五輪の現地取材も慣行。

高校時代の英語の成績は、
学年480人中478位の
落ちこぼれながら、
20歳から国内英語独習を
本格的に開始し、
現在の英語力に至る。

著書は、
『イギリス英語を聞く
The Red Book』
(コスモピア株式会社)
など。そのほか、月刊誌
『The English Journal』
(アルク)や季刊誌
『AERA English』
(朝日新聞社出版)
への寄稿も多数。
ブログ:ameblo.jp/ryohei-kawai-blog
ツイッター:@ryoheikawai

ネイティブ英語 

スポンサードリンク

 

今回のテーマは、「ネイティブ英語」です。


日本の英語教育界において、


「ネイティブ」という言葉はある種の魔法を持っていると思います。


「ネイティブ」とついてさえいれば、間違いない、というものです。


これはほとんどの場合において、妄想だと思っています。


例えば、


英語、英会話の先生を探す時、「ネイティブ」を目安にする、という事があります。


英語が母国語の人に教えてもらいたい、という発想は理解できます。


でも、その前に、自分の現状(レベル)と到達点をある程度見極める必要があると思います。


例えば、場合によっては、もちろん日本人の英語講師の方が、自分の目標を達成するには、いい場合も沢山あるんです。

そもそも、「ネイティブ」という言葉には、


複数の国のありとあらゆる地域や文化が全部いっしょくたにされている訳です。


ある意味、「ネイティブの英語」というのは、「アジアの習慣」と同じくらいぼんやりしたイメージがあると思っています。


ぼくはいつも「ネイティブ」という文字を聞いたり見たりするたびに、


「どこの国のどの地域のどんな人?」と思うんです。

スポンサードリンク