伝わる英語を話すコツ - できる!英語学習 究極のヒント

できる!英語学習 究極のヒント

 日本で独学でバイリンガルになった著者が、自身の豊富な経験を元に、英語学習に役立つヒントをシェアしています
スポンサードリンク


ソーシャル



公式フェイスブック交流ページ

著者紹介


川合 亮平 Ryohei Kawai
ロンドン・東京在住の
フリーランサー。
国際ジャーナリスト、通訳者
メディアコーディネーターとして、雑誌、書籍、テレビ・ラジオ
メディアで精力的に活動中。

大阪弁とイギリス英語の
バイリンガル。

インタビュアーとしては、
ハリウッド映画「ホビット」主演、BBCドラマ「シャーロック」
のワトソン役では英国アカデミー賞を受賞した
マーティン・フリーマンをはじめ、全英アルバムチャート1位を
獲得したエド・シーラン、アークティック・モンキーズ、
キャサリン・ジェンキンスなど、UK出身のミュージシャン・俳優
への英語インタビューを多数手がけている。
ロンドン五輪の現地取材も慣行。

高校時代の英語の成績は、
学年480人中478位の
落ちこぼれながら、
20歳から国内英語独習を
本格的に開始し、
現在の英語力に至る。

著書は、
『イギリス英語を聞く
The Red Book』
(コスモピア株式会社)
など。そのほか、月刊誌
『The English Journal』
(アルク)や季刊誌
『AERA English』
(朝日新聞社出版)
への寄稿も多数。
ブログ:ameblo.jp/ryohei-kawai-blog
ツイッター:@ryoheikawai

伝わる英語を話すコツ

スポンサードリンク

 

今回のテーマは、「伝わる英語を話すコツ」です。

 

自分では正しい英語を話しているつもりなのに、全く伝わらない。

 
 

簡単な単語一つ(例えば、ice creamなど)伝わらない、という経験をされた方いらっしゃいますか?

 
 

海外旅行などでそんなご経験をされた方も意外に多いのではないでしょうか。

 
 

ぼくも、例にもれず、沢山そんな経験があります。

 
 

では、伝わるようにするにはどこに気をつければいいのか?

 
 

全部のケースとは言いませんが、ほぼ以下の事に気をつけると、通じる英語(単語)を話せるようになります。

 
 

●お腹から声を出す

基本的に、日本語は喉で発声し、英語は腹式呼吸発声の言語です。ですので、簡単な単語・センテンスでも、複式で発声しないと、意外に通じないことがあります。

 
 

●カタカナ英語に気をつける

カタカナ英語はほぼ全部、そのままの発音では伝わらないと考えた方が良いでしょう。正しい英語の発音を意識して記憶に入れて、発話しましょう。

 
 

●抑揚をつける

基本的に、日本語のリズムが一定なのに対して、英語のリズムには抑揚があります。ですので、最初は少し不自然だと感じるくらい抑揚をつけて発話する位が、英語ネイティブの耳には普通だったりします。リズムを意識しましょう。

 

いかがでしょうか?

 
 

実は、上記3つのポイントは英語スピーキングに置いて、とっても大切な要素なんです。

 
 

音読など、スピーキング練習をする際にも、上記を意識しながらすると上達の効果が全然違ってきますよ。

スポンサードリンク