効果抜群!金太郎飴式シャドーイング学習法 - できる!英語学習 究極のヒント

できる!英語学習 究極のヒント

 日本で独学でバイリンガルになった著者が、自身の豊富な経験を元に、英語学習に役立つヒントをシェアしています
スポンサードリンク


ソーシャル



公式フェイスブック交流ページ

著者紹介


川合 亮平 Ryohei Kawai
ロンドン・東京在住の
フリーランサー。
国際ジャーナリスト、通訳者
メディアコーディネーターとして、雑誌、書籍、テレビ・ラジオ
メディアで精力的に活動中。

大阪弁とイギリス英語の
バイリンガル。

インタビュアーとしては、
ハリウッド映画「ホビット」主演、BBCドラマ「シャーロック」
のワトソン役では英国アカデミー賞を受賞した
マーティン・フリーマンをはじめ、全英アルバムチャート1位を
獲得したエド・シーラン、アークティック・モンキーズ、
キャサリン・ジェンキンスなど、UK出身のミュージシャン・俳優
への英語インタビューを多数手がけている。
ロンドン五輪の現地取材も慣行。

高校時代の英語の成績は、
学年480人中478位の
落ちこぼれながら、
20歳から国内英語独習を
本格的に開始し、
現在の英語力に至る。

著書は、
『イギリス英語を聞く
The Red Book』
(コスモピア株式会社)
など。そのほか、月刊誌
『The English Journal』
(アルク)や季刊誌
『AERA English』
(朝日新聞社出版)
への寄稿も多数。
ブログ:ameblo.jp/ryohei-kawai-blog
ツイッター:@ryoheikawai

効果抜群!金太郎飴式シャドーイング学習法

スポンサードリンク

今回は、ぼくが実際に実践していて効果を実感した、

シャドーイングのやり方を紹介します。

だれに教えてもらった訳ではないですが、この方法が
一番しっくり来たんです。

あなたも、色々アレンジしながら自分にしっくりくる方法で
試してみてください。

こちらの記事「これが王道!英語リスニング・スピーキング学習法のコツ」
http://englishltd.com/listening/listeningtips/11012013-1361.html

の1.~6.の手順を踏んだ15~30分のオリジナル素材を作成する(CD-ROMか、MP3形式で作成すると便利)。

例:EJ12月号 Interview 1カリーナ・ブライアント[ロンドンオリンピック女子柔道78キロ超級・銅メダリスト](7.6分)、Interview 2ジョージ・アラガイア[BBCワールドニュース・ニュースプレゼンター](9.3分)、Media Voicesの中のBBC(3.4分)、EJ8月号 ダニエル・クレイグ[「007」シリーズ俳優](約6.7分)⇒計:27分

1日15日~30分、週5日、1カ月間、同じ素材でシャドーイングをする。

1カ月後、十分練習し尽くした素材を削除する。 例:ジョージ・アラガイア(9.3分)を削除。

空いたスペースに新しい素材を組み込む。 例:EJ8月号 ポール・マッカートニー(約9.7分)

その後は、同じ要領で、新しい素材と古い素材を入れ替えながらシャドーイングを続ける。

その他のポイント:

1つの素材のシャドーイング期間は、できるだけ1カ月以上とろう!でもどうしても続けられなかったら、取り換えももちろんOK。

古い素材もすぐに取り出せるところに保管しておく。2~3カ月後に聞き直すことで、より記憶に定着しやすいので効果的!

シャドーイングができない場合は、同じ素材をリスニングするだけでもOK!

いかがでしょうか?

シャドーイングはぼくにとってはかなり強力な英語練習法でした。

一回試してみる価値はありますよ!

*「この記事を読んでよかった!」と思ったあなたは、
以下にある、ツイッター、フェイスブックなど、どれかのボタンをプッシュ!プリーズ!

スポンサードリンク