お手本となる英語をシャドーイング—例えばイギリス英語の場合— - できる!英語学習 究極のヒント

できる!英語学習 究極のヒント

 日本で独学でバイリンガルになった著者が、自身の豊富な経験を元に、英語学習に役立つヒントをシェアしています
スポンサードリンク


ソーシャル



公式フェイスブック交流ページ

著者紹介


川合 亮平 Ryohei Kawai
ロンドン・東京在住の
フリーランサー。
国際ジャーナリスト、通訳者
メディアコーディネーターとして、雑誌、書籍、テレビ・ラジオ
メディアで精力的に活動中。

大阪弁とイギリス英語の
バイリンガル。

インタビュアーとしては、
ハリウッド映画「ホビット」主演、BBCドラマ「シャーロック」
のワトソン役では英国アカデミー賞を受賞した
マーティン・フリーマンをはじめ、全英アルバムチャート1位を
獲得したエド・シーラン、アークティック・モンキーズ、
キャサリン・ジェンキンスなど、UK出身のミュージシャン・俳優
への英語インタビューを多数手がけている。
ロンドン五輪の現地取材も慣行。

高校時代の英語の成績は、
学年480人中478位の
落ちこぼれながら、
20歳から国内英語独習を
本格的に開始し、
現在の英語力に至る。

著書は、
『イギリス英語を聞く
The Red Book』
(コスモピア株式会社)
など。そのほか、月刊誌
『The English Journal』
(アルク)や季刊誌
『AERA English』
(朝日新聞社出版)
への寄稿も多数。
ブログ:ameblo.jp/ryohei-kawai-blog
ツイッター:@ryoheikawai

お手本となる英語をシャドーイング—例えばイギリス英語の場合—

スポンサードリンク

ぼくは、お手本となる自分の好きなスピーカーの生インタビューを徹底的に

シャドーイングすることで、英語の持つ独特のリズム感や発音を養いました。

 

詳しいシャドーイングのやり方についてはこちらの記事に書きました。

「効果抜群!金太郎飴式シャドーイング学習法」

http://englishltd.com/conversation/shadowing/30012013-1365.html

 

実際のお手本としては、月刊誌English Journalを毎月チェックして、

自分が好きそうなイギリス英語スピーカーを探しながら続けていました。

 

以下に、最近のEJバックナンバーに登場したUKスピーカーを紹介します。

 

どうぞご参考にされてください。

 

EJ 2012年8月号

●ポール・マッカートニー(ミュージシャン、元「ザ・ビートルズ」メンバー)
●ダニエル・クレイグ(俳優)
●リチャード・ポーター(BBCワールドニュース、国際ニュース 英語コンテンツ編成局最高責任者)

EJ 2012年6月号

●ダニエル・ラドクリフ(俳優)

EJ 2012年5月号

●クリス・マーティン(「コールドプレイ」ボーカル)

●マイケル・ウッドフォード(オリンパス元社長)

EJ 2012年1月号

●エマ・ワトソン(女優)

EJ 2011年12月号
>

●ユアン・マクレガー(俳優)
●コリン・ブランストーン(「ゾンビーズ」ボーカル)
●ロリ・ヘンダソン(在日英国商業会議所 専務理事)

 

 

*同じテーマで書いた人気記事です。こちらもお読みください。
「 映画「ホビット」の主演マーティン・フリーマンがぼくの英語の先生」

http://englishltd.com/listening/24112012-1188.html

 

*最新記事の読みのがし防止!
「いいね!」クリック!

“できる!英語学習 究極のヒント”公式FBページ。
http://www.facebook.com/englishltd1

 

 

*「この記事を読んでよかった!」と思ったあなたは、

以下にある、ツイッター、フェイスブックなど、どれかのボタンをプッシュ!プリーズ!

 

スポンサードリンク