英語学習をやめる方法 ー 川合はなぜイギリス英語にこだわるのかー - できる!英語学習 究極のヒント

できる!英語学習 究極のヒント

 日本で独学でバイリンガルになった著者が、自身の豊富な経験を元に、英語学習に役立つヒントをシェアしています
スポンサードリンク


ソーシャル



公式フェイスブック交流ページ

著者紹介


川合 亮平 Ryohei Kawai
ロンドン・東京在住の
フリーランサー。
国際ジャーナリスト、通訳者
メディアコーディネーターとして、雑誌、書籍、テレビ・ラジオ
メディアで精力的に活動中。

大阪弁とイギリス英語の
バイリンガル。

インタビュアーとしては、
ハリウッド映画「ホビット」主演、BBCドラマ「シャーロック」
のワトソン役では英国アカデミー賞を受賞した
マーティン・フリーマンをはじめ、全英アルバムチャート1位を
獲得したエド・シーラン、アークティック・モンキーズ、
キャサリン・ジェンキンスなど、UK出身のミュージシャン・俳優
への英語インタビューを多数手がけている。
ロンドン五輪の現地取材も慣行。

高校時代の英語の成績は、
学年480人中478位の
落ちこぼれながら、
20歳から国内英語独習を
本格的に開始し、
現在の英語力に至る。

著書は、
『イギリス英語を聞く
The Red Book』
(コスモピア株式会社)
など。そのほか、月刊誌
『The English Journal』
(アルク)や季刊誌
『AERA English』
(朝日新聞社出版)
への寄稿も多数。
ブログ:ameblo.jp/ryohei-kawai-blog
ツイッター:@ryoheikawai

英語学習をやめる方法 ー 川合はなぜイギリス英語にこだわるのかー

スポンサードリンク

英語学習がもっとスムーズに進む方法、

英語学習のストレスが無くなる方法を、シェアします。

 

それはずばり、

 

自分の得意な英語分野(方法)に偏って学習する、ということ。

 

 

平均の呪縛というのがあるんです。

 

学校で真面目に勉強した人程、この呪縛にがんじがらめになっている傾向があります。

どんな分野も、そつなく、バランスよくこなすのが大切、それが善、という発想。

え、そんなの当たり前だと思った方は要注意かもしれません。

 

社会に出て、15年程、その平均・バランスを善とする発想は、

間違いではないにしても、それで評価を受けるのは、

殆ど学校教育という極端に狭い範囲の中だけ、だと確信しています。

 

 

社会的に評価を受ける、もっと平たく言うと、

「あの人すごい」と思われる人は、絶対どこかとんがった部分を持ってる。

 

とんがった部分を1つ(以上)持っているということは、他の部分は相対的に欠けているとも言えるんです。

 

 

でもそれで良い。誰も困らない。

困らないどころか、本人はそれで社会的に活躍していることが多い。

 

それと英語学習も一緒なんです。

 

 

英語学習でも、

読み、書き、話す、聞く、すべてバランスよくするのが良い、

バランス良く全部のスキルを高めるのが善、とされています。

 

人生の大切な時間を全部英語に捧げられる人以外(笑)、

この考え方は正しくないと思います。

 

 

せっかく少し興味を持って、自主的に英語学習を始めた人が

挫折する原因の1つがこのバランス発想なんです。

 

真面目に、全部のスキルを伸ばそうとする。

 

例えば、本当は英語が話すのが大好きで、

スピーキングの練習は楽しくて仕方ない、だけど、どこかの先生に、

 

 

「それではバランスが悪い、しっかりした文法力を身につける為に、文法書もしないと」

とかなんとか、もっともらしい嘘を吹聴されると(笑)、

 

真面目なその人は、文法の学習を取り入れて始める。

 

 

でも、会話練習は楽しいけど、文法練習はとにかくつまらない。

苦痛。

 

それで、英語自体の印象が“苦痛”に浸食されてきて、結局全部投げ出してしまう。
大好きだった会話の練習も。

本末転倒です。

 

このような残念な例は実はとても多いと思います。

ぼくのアドバイスは、

それが楽しい場合以外、英語をバランスよく学習する必要は一切無い。

 

 

自分の好きな英語にだけ触れ続ければ良い、

好きな事に対しては、人間は自然に集中力高く取り組めるので、

結局それが一番学習効率がいいんです。

 

 

英語力が高い人は、バランスよく学習した人ではなく、

自分の好きな英語を極めた人です。

 

 

じゃあ文法はどうなるの?

 

それは、分けて勉強する必要はなく、この場合、

自分の好きな会話練習の中で少し文法を意識すればいい。

 

英語は英語ですから。

ぼくが昔からイギリス英語にこだわっているのは、そんな理由も大きいのです。

 

それで、そこが突出してきて、その分野での著書も出せたし、

その分野で、通訳も含めて、色々とお仕事も広がっています。

たとえ、文法力が低くても、語彙が少なくても(笑)

 

バランスよく学習しなくてよかった、と心から思います。
時間は限られてますからね。

 

英語学習の時も、自分の心が喜ぶ感覚を大切に。

 

*同じテーマで書いた人気記事です。こちらもお読みください。

英語理解に大切なのは知識か、それとも・・・?

*英語力アップの耳寄り情報更新中!
“できる!英語学習 究極のヒント”公式FBページ。
「いいね!」クリック!

http://www.facebook.com/englishltd1

*「この記事を読んでよかった!」と思ったあなたは、
以下にある、ツイッター、フェイスブックなど、どれかのボタンをプッシュ!プリーズ!

スポンサードリンク