英語はそもそも勉強するものか? - できる!英語学習 究極のヒント

できる!英語学習 究極のヒント

 日本で独学でバイリンガルになった著者が、自身の豊富な経験を元に、英語学習に役立つヒントをシェアしています
スポンサードリンク


ソーシャル



公式フェイスブック交流ページ

著者紹介


川合 亮平 Ryohei Kawai
ロンドン・東京在住の
フリーランサー。
国際ジャーナリスト、通訳者
メディアコーディネーターとして、雑誌、書籍、テレビ・ラジオ
メディアで精力的に活動中。

大阪弁とイギリス英語の
バイリンガル。

インタビュアーとしては、
ハリウッド映画「ホビット」主演、BBCドラマ「シャーロック」
のワトソン役では英国アカデミー賞を受賞した
マーティン・フリーマンをはじめ、全英アルバムチャート1位を
獲得したエド・シーラン、アークティック・モンキーズ、
キャサリン・ジェンキンスなど、UK出身のミュージシャン・俳優
への英語インタビューを多数手がけている。
ロンドン五輪の現地取材も慣行。

高校時代の英語の成績は、
学年480人中478位の
落ちこぼれながら、
20歳から国内英語独習を
本格的に開始し、
現在の英語力に至る。

著書は、
『イギリス英語を聞く
The Red Book』
(コスモピア株式会社)
など。そのほか、月刊誌
『The English Journal』
(アルク)や季刊誌
『AERA English』
(朝日新聞社出版)
への寄稿も多数。
ブログ:ameblo.jp/ryohei-kawai-blog
ツイッター:@ryoheikawai

英語はそもそも勉強するものか?

スポンサードリンク

世の中には、星の数ほどの英語の教材があります。

 

本屋さんに行くと、英語の本が沢山ありますし、「英語勉強法」に関する

本だけでも何十冊と並んでいます。

 

日本人の英語のレベルは世界的に高くない、という記事を時々読みますが、

ある意味、日本人は世界一、英語の勉強が好きかもしれません。

 

今では小学校高学年から英語の授業があるようですが、

そもそも、言語は「勉強すべきものなのか?」という気もします。

 

昔、「英語は絶対、勉強するな!」という本が流行りましたが、

母国語であれば、言語を勉強して身に付けるという感覚はないと

思います(学校に入って、国語の授業を受けることはあるが、

これも算数、理科、社会なんかとは違う種類の教科であるような

気がします)。

 

特に言語はコミュニケーションのツールだけに、

好きだとか、どうしても使いたい、あるいは使わざるを得ない

という目的がはっきりしていると、身につきやすいという面が

あると思います。

 

そういう意味では「勉強する」ものではないともいえますし、

目的なく、学校のテストや受験勉強とかのためにやると、

砂をはむような作業になり、「勉強」に、それも、効率の

よくない勉強になってしまいます。

 

よく、英語で恋愛をすると英語が身につくといいますが、

恋愛であったり、英語の環境に放り込まれて、英語で遊ばざるを

得ない子供を見ると、「勉強」じゃないな、と感じます。

 

 

少なくとも社会人になったら、好きなことを英語でやるとか、

好きなものを英語で読むとか、

 

「勉強」にならないように英語とのふれあい方を切り替えると、

身につきやすくなるのではないでしょうか。

 

 

(当サイトのメインの著者でなく、その知人がゆるーく書く、アメリカ英語に関するコラムです)

スポンサードリンク