日本人の英語発音の欠点とは - できる!英語学習 究極のヒント

できる!英語学習 究極のヒント

 日本で独学でバイリンガルになった著者が、自身の豊富な経験を元に、英語学習に役立つヒントをシェアしています
スポンサードリンク


ソーシャル



公式フェイスブック交流ページ

著者紹介


川合 亮平 Ryohei Kawai
ロンドン・東京在住の
フリーランサー。
国際ジャーナリスト、通訳者
メディアコーディネーターとして、雑誌、書籍、テレビ・ラジオ
メディアで精力的に活動中。

大阪弁とイギリス英語の
バイリンガル。

インタビュアーとしては、
ハリウッド映画「ホビット」主演、BBCドラマ「シャーロック」
のワトソン役では英国アカデミー賞を受賞した
マーティン・フリーマンをはじめ、全英アルバムチャート1位を
獲得したエド・シーラン、アークティック・モンキーズ、
キャサリン・ジェンキンスなど、UK出身のミュージシャン・俳優
への英語インタビューを多数手がけている。
ロンドン五輪の現地取材も慣行。

高校時代の英語の成績は、
学年480人中478位の
落ちこぼれながら、
20歳から国内英語独習を
本格的に開始し、
現在の英語力に至る。

著書は、
『イギリス英語を聞く
The Red Book』
(コスモピア株式会社)
など。そのほか、月刊誌
『The English Journal』
(アルク)や季刊誌
『AERA English』
(朝日新聞社出版)
への寄稿も多数。
ブログ:ameblo.jp/ryohei-kawai-blog
ツイッター:@ryoheikawai

日本人の英語発音の欠点とは

スポンサードリンク

日本で生まれ育って、後で外国語として英語を勉強した者として、

「これはないんじゃないの」と思うことがあります。

 

日本語は伸ばす音と「う」の音をほとんど区別しません。

 

具体的にいうと、日本語では「王監督」を

「おーかんとく」「おうかんとく」「おおかんとく」

どう読んでも通じます。

 

小学校で「大きい」を「おうきい」でなくて「おおきい」だ、

と習ったことはありますが、

 

伸ばす音の時はあいまいですね。

 

アルファベットを習う時から間違いは始まっていて、

「O」のことを、「オー」と書いてあるし、そう呼ぶと思うんですね。

 

英語では「オー」と「オウ」は明確に区別される音で、

「O」はいつ何時も「オウ」で、「オー」にはなりません。

発音するとくちびるがすぼまります。

 

映画「マトリックス」で、エージェントが追いかけてくるときに、

「逃げろ」という意味で「GO」と言うシーンが出てきますが、

 

強調しても、伸ばさず、短く「ゴウ」と唇がすぼまって終わります。

これが、日本語とか日本人だと「ゴー」として刷り込まれています。

 

逆に、「Australia」の時は、綴りに「U」が入っていても、

「AU」が「オ(ー)」の発音なので、唇が少しもすぼまることは

ありません。唇は開いたまま維持しないと、音がおかしく聞こえます。

 

私は、この音の違いで恥ずかしい思いをしたことがあります。

 

本屋で、法律(LAW)の本を探していて、店員さんに「ロー」と

言っているつもりが、「W」でどうしても口がすぼまる癖があって、

何度行っても綴りを言うまで通じませんでした。

 

それはそうですよね。向こうには「LOW」と聞こえてしまっているので、

「この外人はなにを『低い(本)』『低い(本)と言ってるんだ」と

思っていたと思います。

唇を「オ」のまま維持しないと「LAW」になりません。

 

日本語の音の曖昧さが、英語の発音を難しくしているいい例だと思います。
(当サイトのメインの著者でなく、その知人がゆるーく書く、アメリカ英語に関するコラムです)

スポンサードリンク