映画の英語は分かるようになるか - できる!英語学習 究極のヒント

できる!英語学習 究極のヒント

 日本で独学でバイリンガルになった著者が、自身の豊富な経験を元に、英語学習に役立つヒントをシェアしています
スポンサードリンク


ソーシャル



公式フェイスブック交流ページ

著者紹介


川合 亮平 Ryohei Kawai
ロンドン・東京在住の
フリーランサー。
国際ジャーナリスト、通訳者
メディアコーディネーターとして、雑誌、書籍、テレビ・ラジオ
メディアで精力的に活動中。

大阪弁とイギリス英語の
バイリンガル。

インタビュアーとしては、
ハリウッド映画「ホビット」主演、BBCドラマ「シャーロック」
のワトソン役では英国アカデミー賞を受賞した
マーティン・フリーマンをはじめ、全英アルバムチャート1位を
獲得したエド・シーラン、アークティック・モンキーズ、
キャサリン・ジェンキンスなど、UK出身のミュージシャン・俳優
への英語インタビューを多数手がけている。
ロンドン五輪の現地取材も慣行。

高校時代の英語の成績は、
学年480人中478位の
落ちこぼれながら、
20歳から国内英語独習を
本格的に開始し、
現在の英語力に至る。

著書は、
『イギリス英語を聞く
The Red Book』
(コスモピア株式会社)
など。そのほか、月刊誌
『The English Journal』
(アルク)や季刊誌
『AERA English』
(朝日新聞社出版)
への寄稿も多数。
ブログ:ameblo.jp/ryohei-kawai-blog
ツイッター:@ryoheikawai

映画の英語は分かるようになるか

スポンサードリンク

 

アメリカに住んでいると、英語がうまくなる、という幻想(笑)がありますが、

ときどき「映画とか英語で観ても理解できますか?」と聞かれることがあります。

 

実は、映画に出てくる英語は日常の英語とはぜんぜん違って、研究テーマとしても

「映画の中の英語」というのがあるぐらい違うらしいですが、

 

「理解できるか」と聞かれれば、正直なところ「NO」と答えます。

 

体験的な数値でいうと、

 

日本語吹き替え: 理解度90~95%

英語で字幕: 50~60%

英語のまま: 20%

 

ぐらいの差があります。

 

一度、海外で007の新作を観たことがあるのですが、

面白いぐらい、ストーリがさっぱり分かりませんでした。

 

ちなみに英語の映画に、日本語で字幕をつけると、

情報量としては3割ぐらいに減ってしまうともいいますので、

3割ぐらいあれば映画は理解できるともいえますね。

 

もちろん勉強としては、同じ映画を繰り返し見ることで、

ディクテーションの効果があるので、いい勉強法だと思います。

 

 

理解度は、もちろんジャンルにも左右されます。

 

アクションならけっこういけますが(でもシーンとシーンのつながりが

よく分からなかったりします)、弁護士のドラマなんかだとさっぱりです。

 

なので、ビデオを見るときは必ず英語の字幕をオンにします。

 

 

一番苦しいのがコメディー、とくにセリフ回しが面白いタイプのコメディは

もう映像で笑うしかないですね。

 

映画ではないですが、一度コメディアンのライブを観たことがあるのですが、

これは全然笑えませんでした。英語の難しさ以上に、なぜ面白いかという

背景を共有していないので、面白さも理解できないんですね。

 

コメディアンといえば、アメリカはいわゆるピン芸人ばかりで、コンビやトリオの

お笑いの人をまったく見ませんね(映画でピン芸人が2人で組む、というパターンは

あります)。

 

文化的な違いなのかどうか、誰か分析してくれないでしょうか。

 

 

(当サイトのメインの著者でなく、その知人がゆるーく書く、アメリカ英語に関するコラムです)

スポンサードリンク