コーヒーでは通じない - できる!英語学習 究極のヒント

できる!英語学習 究極のヒント

 日本で独学でバイリンガルになった著者が、自身の豊富な経験を元に、英語学習に役立つヒントをシェアしています
スポンサードリンク


ソーシャル



公式フェイスブック交流ページ

著者紹介


川合 亮平 Ryohei Kawai
ロンドン・東京在住の
フリーランサー。
国際ジャーナリスト、通訳者
メディアコーディネーターとして、雑誌、書籍、テレビ・ラジオ
メディアで精力的に活動中。

大阪弁とイギリス英語の
バイリンガル。

インタビュアーとしては、
ハリウッド映画「ホビット」主演、BBCドラマ「シャーロック」
のワトソン役では英国アカデミー賞を受賞した
マーティン・フリーマンをはじめ、全英アルバムチャート1位を
獲得したエド・シーラン、アークティック・モンキーズ、
キャサリン・ジェンキンスなど、UK出身のミュージシャン・俳優
への英語インタビューを多数手がけている。
ロンドン五輪の現地取材も慣行。

高校時代の英語の成績は、
学年480人中478位の
落ちこぼれながら、
20歳から国内英語独習を
本格的に開始し、
現在の英語力に至る。

著書は、
『イギリス英語を聞く
The Red Book』
(コスモピア株式会社)
など。そのほか、月刊誌
『The English Journal』
(アルク)や季刊誌
『AERA English』
(朝日新聞社出版)
への寄稿も多数。
ブログ:ameblo.jp/ryohei-kawai-blog
ツイッター:@ryoheikawai

コーヒーでは通じない

スポンサードリンク

先日、日本人の友人とスターバックスに行った時のこと。

 

当然、二人で話しているときは日本語で、そのまま日本語の頭のままで

普通のコーヒーを注文したところ、「coffee?」と確認されました。

 

スターバックスなんでコーヒーに決まってるだろ、と思いながら、「Sure!」と

答えながら、一瞬考えて、何が起こったのか分かりました。

 

日本語の頭で、「コーヒー」と行ったので、「coffee」と発音してなかったん

ですね。

 

日本語の「コーヒー」の特徴は、まず「コー」と「ヒー」がほぼ同じ長さで強さです。

両方の音とも伸ばして、どちらかにアクセントはありません。

 

英語の「coffee」は、あたまの「コ」(あるいは「カ」)のところにアクセントが必ず

来ます。メインは前半で、後ろはオマケみたいに小さく弱く発音されます。

 

さらに、「ffee」は下唇が上の歯に当たる「フィ」であって、ハヒフヘホの「ヒー」では「he」に

なるので、全く違う発音です。

 

2つ合わせると、そりゃあ、ぜんぜん違う音なので、いくらスターバックスでも聞き直されるわけですね。簡単な単語でもむずかしいものです。

 

(当サイトのメインの著者でなく、その知人がゆるーく書く、アメリカ英語に関するコラムです)

スポンサードリンク