カタカナ英語に引っ張られる - できる!英語学習 究極のヒント

できる!英語学習 究極のヒント

 日本で独学でバイリンガルになった著者が、自身の豊富な経験を元に、英語学習に役立つヒントをシェアしています
スポンサードリンク


ソーシャル



公式フェイスブック交流ページ

著者紹介


川合 亮平 Ryohei Kawai
ロンドン・東京在住の
フリーランサー。
国際ジャーナリスト、通訳者
メディアコーディネーターとして、雑誌、書籍、テレビ・ラジオ
メディアで精力的に活動中。

大阪弁とイギリス英語の
バイリンガル。

インタビュアーとしては、
ハリウッド映画「ホビット」主演、BBCドラマ「シャーロック」
のワトソン役では英国アカデミー賞を受賞した
マーティン・フリーマンをはじめ、全英アルバムチャート1位を
獲得したエド・シーラン、アークティック・モンキーズ、
キャサリン・ジェンキンスなど、UK出身のミュージシャン・俳優
への英語インタビューを多数手がけている。
ロンドン五輪の現地取材も慣行。

高校時代の英語の成績は、
学年480人中478位の
落ちこぼれながら、
20歳から国内英語独習を
本格的に開始し、
現在の英語力に至る。

著書は、
『イギリス英語を聞く
The Red Book』
(コスモピア株式会社)
など。そのほか、月刊誌
『The English Journal』
(アルク)や季刊誌
『AERA English』
(朝日新聞社出版)
への寄稿も多数。
ブログ:ameblo.jp/ryohei-kawai-blog
ツイッター:@ryoheikawai

カタカナ英語に引っ張られる

スポンサードリンク

 

以前にも書きましたが、日本人である以上、英語を学んでも、日本語の特性に引っ張られる

ことは多いです。

 

その中でもカタカナ英語が一番悪影響があるかもしれません。

 

とくに、いくつか人名で体験したことがあるので、それについて述べます。

 

 

仕事場で、入社したばかりのAaron君を探していた時のこと。「アーロン」といっても

なかなか誰も居場所を教えてくれません。後で分かったのですが、誰のことか

分からなかったんですね。

 

Aaronは日本語では普通に「アーロン」と書きますが、英語だと「アェルン」みたいな

感じになります。最初の「ア」はアとエの中間の「ae」の音、伸ばす「ー」もないし、

「ロ」のような「オ」の音が入ってなくて、単なる「r」だけなんですね。

 

ここまで原音から離れると、カタカナ英語だとネイティブには誰もわからないようです。

 

 

別の例だと、歌手で映画にも出たりする「Cher」は、英語では「share」と同じ発音

で「シェア」。この人の話題になって、日本語で「シェール」と呼ばれる人のことだと

分かるまでに、相当の時間を要しました。

 

カタカナ英語は本物っぽいだけに、質が悪いですね。

 

 

ただ、カタカナ英語には逆の例?もあって、女優のスカーレット・ヨハンソンは、英語で

「ジョハンソン」と呼ばれるより、ヨハンソンの方が耳に優しく2割増によく感じますし、

似合ってる気がします(単に個人的趣味です、笑)。

 

この場合は、「ヨハンソン」といってもアメリカ人は分かってくれるようです。

 

(当サイトのメインの著者でなく、その知人がゆるーく書く、アメリカ英語に関するコラムです)

スポンサードリンク