一番効果があった英語の勉強法とは - できる!英語学習 究極のヒント

できる!英語学習 究極のヒント

 日本で独学でバイリンガルになった著者が、自身の豊富な経験を元に、英語学習に役立つヒントをシェアしています
スポンサードリンク


ソーシャル



公式フェイスブック交流ページ

著者紹介


川合 亮平 Ryohei Kawai
ロンドン・東京在住の
フリーランサー。
国際ジャーナリスト、通訳者
メディアコーディネーターとして、雑誌、書籍、テレビ・ラジオ
メディアで精力的に活動中。

大阪弁とイギリス英語の
バイリンガル。

インタビュアーとしては、
ハリウッド映画「ホビット」主演、BBCドラマ「シャーロック」
のワトソン役では英国アカデミー賞を受賞した
マーティン・フリーマンをはじめ、全英アルバムチャート1位を
獲得したエド・シーラン、アークティック・モンキーズ、
キャサリン・ジェンキンスなど、UK出身のミュージシャン・俳優
への英語インタビューを多数手がけている。
ロンドン五輪の現地取材も慣行。

高校時代の英語の成績は、
学年480人中478位の
落ちこぼれながら、
20歳から国内英語独習を
本格的に開始し、
現在の英語力に至る。

著書は、
『イギリス英語を聞く
The Red Book』
(コスモピア株式会社)
など。そのほか、月刊誌
『The English Journal』
(アルク)や季刊誌
『AERA English』
(朝日新聞社出版)
への寄稿も多数。
ブログ:ameblo.jp/ryohei-kawai-blog
ツイッター:@ryoheikawai

一番効果があった英語の勉強法とは

スポンサードリンク

 

その人によって、効果がある勉強法は違うと思うのですが、

私にとっては、「これが一番効果があった」と身にしみて実感できた

勉強法がありますので紹介します。

 

これは何も自分で努力したわけではなくて、学校の英語の視聴覚クラスの

授業の一環でやったものです。

 

その授業は、毎週、英語のあるトピックスについてのビデオを見るものです。

映像と音声だけなので、分かるような分からないような感じです。もちろん映像から

類推できる部分はありますが、耳が英語を聞けないので完全にはわかりません。

 

普段は見るだけでいいのですが、毎週、生徒が交代で、この音声の書き起こしを

作るんです。

 

当然、私にも回ってきたのですが、その週は1週間でこの20分程度のビデオを

借りて、100回はみました。1文ずつ、何回もリピートして聞いて、分かる単語を

書き、分からない単語は意味から類推して、和英辞書を引いたり、英和辞書で確認

したりして、書いていくんですね。

 

いわゆるディクテーションの初めての体験でした。1週間がんばって、正解率はせいぜい

7割ぐらいだったのですが、その後、どんどん英語が聞けるように「耳」ができた感じが

しました。

 

20年ぐらい経ちますが、今でもそのビデオの内容(イギリスの教育についてでした)や

その時初めて覚えた単語(Nursery、英語では保育所、米語では植木屋さんの意味で

よく使います)を覚えています。

 

 

(当サイトのメインの著者でなく、その知人がゆるーく書く、アメリカ英語に関するコラムです)

スポンサードリンク