分からないのは英語なのか、文脈なのか? - できる!英語学習 究極のヒント

できる!英語学習 究極のヒント

 日本で独学でバイリンガルになった著者が、自身の豊富な経験を元に、英語学習に役立つヒントをシェアしています
スポンサードリンク


ソーシャル



公式フェイスブック交流ページ

著者紹介


川合 亮平 Ryohei Kawai
ロンドン・東京在住の
フリーランサー。
国際ジャーナリスト、通訳者
メディアコーディネーターとして、雑誌、書籍、テレビ・ラジオ
メディアで精力的に活動中。

大阪弁とイギリス英語の
バイリンガル。

インタビュアーとしては、
ハリウッド映画「ホビット」主演、BBCドラマ「シャーロック」
のワトソン役では英国アカデミー賞を受賞した
マーティン・フリーマンをはじめ、全英アルバムチャート1位を
獲得したエド・シーラン、アークティック・モンキーズ、
キャサリン・ジェンキンスなど、UK出身のミュージシャン・俳優
への英語インタビューを多数手がけている。
ロンドン五輪の現地取材も慣行。

高校時代の英語の成績は、
学年480人中478位の
落ちこぼれながら、
20歳から国内英語独習を
本格的に開始し、
現在の英語力に至る。

著書は、
『イギリス英語を聞く
The Red Book』
(コスモピア株式会社)
など。そのほか、月刊誌
『The English Journal』
(アルク)や季刊誌
『AERA English』
(朝日新聞社出版)
への寄稿も多数。
ブログ:ameblo.jp/ryohei-kawai-blog
ツイッター:@ryoheikawai

分からないのは英語なのか、文脈なのか?

スポンサードリンク

いきなり大げさな題名ですが、いつもどおりの軽いコラムです。

 

「英語が分からない」というのは、すごくストレスが溜まる状態ですが、

本当に「英語」が分からないのかというと、そうでもないことが多々あります。

 

アメリカのスターバックスに行ったことがある方はご存知だと思いますが、

時々、注文時に名前を尋ねられます。注文したコーヒーをもらう際に、

カップを取り違えないためにカップに名前を書いてくれるのですが、

 

最初「What’s your name?」と聞かれた時に、少々面食らいました。

「名前を聞かれているようにしか思えないんだけど、この場面で

名前を聞かれるわけないし、何を言ってるんだろう?」と自分で

悩んでしまって、思考停止してしまったんですね。

 

シンプルな英語が分からない時こそ焦ることはありません。

 

この場合、分からないのは英語ではなくて「文脈」、

英語で言えばコンテキストです。

その場の空気といってもいいかもしれませんし、

場合によっては習慣や文化と言い換えられるかも

しれませんが、

 

こういう場合、理解の足を引っ張っているのは英語ではありません。

 

日本語でも、新しいことを学び始めたり、仕事で違う部門の人や

他社の人と話したりすると、「なんか話が通じにくい」と感じること

がありますが、これも文脈が違うからなんですね。

 

 

逆パターンでいうと、日米のエンジニアの通訳めいたことを

やったことがあるのですが、

 

技術的な話が深くなると、専門的すぎて、通訳では理解できずに

訳しきれない部分が出てきます。

 

これで困るかというとそうでもなくて、エンジニアは同じ分野で

文脈を共有しているので、英語が通じなくても、専門用語とか

が同じなので、通訳がミスっても分かることが多いんですね。

 

こういう場合は文脈を共有できているので、

言語がコミュニケーションの障害になることはあまりありません。

 

あなたがもし海外に行って英語で何かをするのであれば、

英語の問題以上に、

実は間違いなく文脈も合ってないはずから、

 

文脈の差から来る不理解の原因を英語に転嫁せず、

「まあ、アウェーなんだし、こんなものだ」と割り切ることも

重要だと思います。

 

(当サイトのメイン著者の川合亮平ではなく、
その知人がゆるーく書く、アメリカ英語に関するコラムです)

スポンサードリンク