アメリカ人がよく使う「deserve」を使った表現 - できる!英語学習 究極のヒント

できる!英語学習 究極のヒント

 日本で独学でバイリンガルになった著者が、自身の豊富な経験を元に、英語学習に役立つヒントをシェアしています
スポンサードリンク


ソーシャル



公式フェイスブック交流ページ

著者紹介


川合 亮平 Ryohei Kawai
ロンドン・東京在住の
フリーランサー。
国際ジャーナリスト、通訳者
メディアコーディネーターとして、雑誌、書籍、テレビ・ラジオ
メディアで精力的に活動中。

大阪弁とイギリス英語の
バイリンガル。

インタビュアーとしては、
ハリウッド映画「ホビット」主演、BBCドラマ「シャーロック」
のワトソン役では英国アカデミー賞を受賞した
マーティン・フリーマンをはじめ、全英アルバムチャート1位を
獲得したエド・シーラン、アークティック・モンキーズ、
キャサリン・ジェンキンスなど、UK出身のミュージシャン・俳優
への英語インタビューを多数手がけている。
ロンドン五輪の現地取材も慣行。

高校時代の英語の成績は、
学年480人中478位の
落ちこぼれながら、
20歳から国内英語独習を
本格的に開始し、
現在の英語力に至る。

著書は、
『イギリス英語を聞く
The Red Book』
(コスモピア株式会社)
など。そのほか、月刊誌
『The English Journal』
(アルク)や季刊誌
『AERA English』
(朝日新聞社出版)
への寄稿も多数。
ブログ:ameblo.jp/ryohei-kawai-blog
ツイッター:@ryoheikawai

アメリカ人がよく使う「deserve」を使った表現

スポンサードリンク

最近、聞いて思い出したのですが、

アメリカに来た頃、

「deserve」

という動詞が、よくわかりませんでした。

きっと受験英語でも参考書のどこかに
出ていたと思うのですが、

「~に値する」「~にふさわしい」

みたいな意味です。

参考書の動詞というと、
本や文章に出てくる重い意味のようですが、
そうではなくて、ほとんど話し言葉で耳にします。

来週は休みを取るという場面で、

I am going on vacation next week.

と言うと、

You deserve it!

みたいに返されます。

はじめは、なんかポジティブっぽいニュアンスけど、
どういう意味だろうと思ってたのですが、

「(いつもがんばってるから)休みを取るに値する」
「(ずっと忙しいから)休むぐらい当たり前だ」

転じて、
「たまには休まなきゃね」、
「いいわね」、みたいな感じです。

他によくある「deserve」のパターンは、

You deserve him.
You don’t deserve him.

「あなたは彼に(あるいはあなたと彼は)お似合いよ」
「あなたは彼につりあわない(彼にはもったいない)」

ですね、
映画のガールズトークの場面でもよく見ますが、
こっちの方は完全に「双方、つり合っているか?」ですね。

今ではこの動詞を耳にすると、

「この人は頭の中で、

『自分(あるいは相手)』と 『何か』

を天秤にかけてるな」、とイメージしてしまいます。

アメリカは転職が多かったり、
大企業のトップやメジャースポーツの選手となると
年収数十億円の青天井なんていいますが、

賃金、昇給などの場面では、

自分の価値とリターンが釣り合っているかを考えさせる

「deserve」という動詞は、

アメリカ人の行動・意思決定の原理の重要な一部に
なっているといっても言いすぎじゃないと思います。

自分が何に値するか、
「deserve」はアメリカらしい表現ではないでしょうか。

(当サイトのメイン著者の川合亮平ではなく、
その知人がゆるーく書く、アメリカ英語に関するコラムです)

スポンサードリンク