「あ」の英語発音は難しい - できる!英語学習 究極のヒント

できる!英語学習 究極のヒント

 日本で独学でバイリンガルになった著者が、自身の豊富な経験を元に、英語学習に役立つヒントをシェアしています
スポンサードリンク


ソーシャル



公式フェイスブック交流ページ

著者紹介


川合 亮平 Ryohei Kawai
ロンドン・東京在住の
フリーランサー。
国際ジャーナリスト、通訳者
メディアコーディネーターとして、雑誌、書籍、テレビ・ラジオ
メディアで精力的に活動中。

大阪弁とイギリス英語の
バイリンガル。

インタビュアーとしては、
ハリウッド映画「ホビット」主演、BBCドラマ「シャーロック」
のワトソン役では英国アカデミー賞を受賞した
マーティン・フリーマンをはじめ、全英アルバムチャート1位を
獲得したエド・シーラン、アークティック・モンキーズ、
キャサリン・ジェンキンスなど、UK出身のミュージシャン・俳優
への英語インタビューを多数手がけている。
ロンドン五輪の現地取材も慣行。

高校時代の英語の成績は、
学年480人中478位の
落ちこぼれながら、
20歳から国内英語独習を
本格的に開始し、
現在の英語力に至る。

著書は、
『イギリス英語を聞く
The Red Book』
(コスモピア株式会社)
など。そのほか、月刊誌
『The English Journal』
(アルク)や季刊誌
『AERA English』
(朝日新聞社出版)
への寄稿も多数。
ブログ:ameblo.jp/ryohei-kawai-blog
ツイッター:@ryoheikawai

「あ」の英語発音は難しい

スポンサードリンク

よくいわれることだが、

 

英語にはたくさんの母音があり、日本人が手持ちの「あいうえお」の5音で

発音すると、通じないことがある。

 

逆に、日本語を「あいうえ」の4音だけで、「お」なしでなんとか理解させようと

しても限界があることを考えると、日本人が日本語発音で英語を話すのは、

本当はものすごい困難に直面しているわけだ。

 

とはいっても、できないものはしょうがないので、なんとか話すわけだが、意識して

発音するときはまだいいのだが、ふとした時に完璧に違うことを実感させられることがある。

 

レストランで、「なんかローカル(地元の)ビールない?」と聞いたら、ローカロリーの

ビールが出てきたことがある。

 

「LOCAL」のALの発音が悪くて、「LOW CARB (炭水化物が少ない)」に

聞こえたわけだ。

 

あるいは、コーヒーのおかわりを半分だけくれ、と「HALF CUP」と言ったつもりが、

いっぱいナミナミと注がれて、おかしいなと思ったことがある。同じことが2回つ続いて

気がついたのだが、Uの発音が思わぬ音になり、「HALF DECAF(半分だけデカフェ、

カフェイン抜きのコーヒー)」に聞こえたので、わざわざ、普通のとカフェイン抜きの

半々でいっぱいにしてくれていたのだ。

 

発音の道は険しい(笑)。

 

※いつもの著者の知り合いによる、アメリカ英語に関するエッセイです

 

 

 

 

 

スポンサードリンク