神田昌典さんから学んだ相手に英語を分からせるマジックフレーズ - できる!英語学習 究極のヒント

できる!英語学習 究極のヒント

 日本で独学でバイリンガルになった著者が、自身の豊富な経験を元に、英語学習に役立つヒントをシェアしています
スポンサードリンク


ソーシャル



公式フェイスブック交流ページ

著者紹介


川合 亮平 Ryohei Kawai
ロンドン・東京在住の
フリーランサー。
国際ジャーナリスト、通訳者
メディアコーディネーターとして、雑誌、書籍、テレビ・ラジオ
メディアで精力的に活動中。

大阪弁とイギリス英語の
バイリンガル。

インタビュアーとしては、
ハリウッド映画「ホビット」主演、BBCドラマ「シャーロック」
のワトソン役では英国アカデミー賞を受賞した
マーティン・フリーマンをはじめ、全英アルバムチャート1位を
獲得したエド・シーラン、アークティック・モンキーズ、
キャサリン・ジェンキンスなど、UK出身のミュージシャン・俳優
への英語インタビューを多数手がけている。
ロンドン五輪の現地取材も慣行。

高校時代の英語の成績は、
学年480人中478位の
落ちこぼれながら、
20歳から国内英語独習を
本格的に開始し、
現在の英語力に至る。

著書は、
『イギリス英語を聞く
The Red Book』
(コスモピア株式会社)
など。そのほか、月刊誌
『The English Journal』
(アルク)や季刊誌
『AERA English』
(朝日新聞社出版)
への寄稿も多数。
ブログ:ameblo.jp/ryohei-kawai-blog
ツイッター:@ryoheikawai

神田昌典さんから学んだ相手に英語を分からせるマジックフレーズ

スポンサードリンク

著名な経営コンサルトの神田昌典さんの著書に、

 

「お金と英語の非常識な関係」上・下

 

という英語に関する名著があります

(最近「神田昌典の英語の近道」という名前で

一冊に要約して新装発売されたようです)。

 

もちろん以前外務省に勤められていたぐらい英語は

お上手なんですが、いかに少ない労力で英語を学び、

使って、ビジネスをされてこられてかを書かれています。

 

その中で、

「コミュニケーションをスムーズにする、最初の一言」

として、

 

“Hi, I have a question for you”

“Hello, may I ask you a question?”

 

を挙げられています。

 

何のことはない、

日本語で言えば「ちょっといいですか?」

なんですが、これは私にとってもマジックフレーズになっています。

 

なぜか?

 

特に初対面のアメリカ人に外国人の訛りのある英語で話す場合、

相手に自分の思いを伝えるのが難しい場合があります。

 

相手にいきなり聞きにくい英語で話すと、相手が自分の英語にチューニング

を合わせてくれるまで、最初の部分を聞き逃すことになるんです。

 

ですが、

 

“Hi, I have a question for you.”

 

とまず発声すると、2つのことが起きるんです。

 

1)相手が自分にフォーカスし、聞く体勢になる。

2)相手が「この人の英語聞きにくいかな」と思い、集中力を高める。

 

相手が全力で聞く体勢になるので、

少々発音がおかしくても、単語や文法に問題があっても、

分かってくれるんですね。

 

私は、話しかける相手の気が散っているかな、別のことを考えてるな、

と感じた時や、電話で初めて話す時はほとんど使っています。

 

英語がうまくなければないほど、いきなり話すより効果がありますので

試してみてください。

 

(当サイトのメイン著者の川合亮平ではなく、その知人がゆるーく書く、アメリカ英語に関するコラムです)

スポンサードリンク