アメリカ英語発音を学べる無料iPhoneアプリ - できる!英語学習 究極のヒント

できる!英語学習 究極のヒント

 日本で独学でバイリンガルになった著者が、自身の豊富な経験を元に、英語学習に役立つヒントをシェアしています
スポンサードリンク


ソーシャル



公式フェイスブック交流ページ

著者紹介


川合 亮平 Ryohei Kawai
ロンドン・東京在住の
フリーランサー。
国際ジャーナリスト、通訳者
メディアコーディネーターとして、雑誌、書籍、テレビ・ラジオ
メディアで精力的に活動中。

大阪弁とイギリス英語の
バイリンガル。

インタビュアーとしては、
ハリウッド映画「ホビット」主演、BBCドラマ「シャーロック」
のワトソン役では英国アカデミー賞を受賞した
マーティン・フリーマンをはじめ、全英アルバムチャート1位を
獲得したエド・シーラン、アークティック・モンキーズ、
キャサリン・ジェンキンスなど、UK出身のミュージシャン・俳優
への英語インタビューを多数手がけている。
ロンドン五輪の現地取材も慣行。

高校時代の英語の成績は、
学年480人中478位の
落ちこぼれながら、
20歳から国内英語独習を
本格的に開始し、
現在の英語力に至る。

著書は、
『イギリス英語を聞く
The Red Book』
(コスモピア株式会社)
など。そのほか、月刊誌
『The English Journal』
(アルク)や季刊誌
『AERA English』
(朝日新聞社出版)
への寄稿も多数。
ブログ:ameblo.jp/ryohei-kawai-blog
ツイッター:@ryoheikawai

アメリカ英語発音を学べる無料iPhoneアプリ

スポンサードリンク

30年前はテープやラジオが英語の音声勉強ツールでした。

20年前にはCD が、10年前にはコンピューターが利用されるように

なりましたが、

ありがたいことに今やiPhoneやiPadでどこでも英語が勉強できる環境にあります。

 

無料で発音が勉強できる便利なアプリを紹介します。

(メインの著者川合亮平の知人がゆるく書くコラムです)

 

●英語発音テスト

https://itunes.apple.com/jp/app/ying-yu-fa-yintesuto/id520326878?mt=8

表示される単語を発音すると、発音が正しいか診断してくれるアプリです。

手軽なので、何度かやってみました。

100点中73点(Good Foreigner)~78点(Pretty Good Foreigner)との評価で

まあ納得です(Excellent Foreignerは取れませんでした)。

単語数が少なく単語の順番が変わるだけで同じテストの繰り返しですが、

無料だし、やってみるとゲームっぽくて面白いです。

有料でいいので、もっと何パターンか試してみたい。

単語と一緒に発音記号が出ますが、見ないように自然に発音したほうがいいみたいです。

 

●Phonics Genius

https://itunes.apple.com/us/app/phonics-genius/id461659980?mt=8

 

英語は綴りと発音が完全に一致しておらず、同じ綴りでも単語や含まれる場所によって

発音が変わってきます。

例外はありますが、一定の傾向があるので、アメリカの小学校では「Phonics」と

いう授業があって、それを勉強します(おそらく、これをやらないと、音で覚えた英語が

綴りと結びつかないことで子供が混乱するんだと思います)。

 

それを再現したアプリで、ちょっと殺風景ですが「dから始める単語」「edで終る単語」

のように一定の法則で単語が分類されています。

 

さらにいいのは、一つ一つ発音を聞いて、その後にボタンで自分の発音を録音して、

再生できること。模範の発音に近いか、どこがおかしいか、すぐに解ります。

 

収容単語は6000語、ひと通りやれば相当上手くなること間違いないです。

(こんなのを無料で公開しいていいのか、ちょっと心配になります)

 

●英語耳ゲー

https://itunes.apple.com/jp/app/ying-yu-erge/id433419223?mt=8

●英語耳ゲー2

https://itunes.apple.com/jp/app/ying-yu-erge2/id448921428?mt=8

 

日本人にとって聞き分けにくい「R」と「L」、耳ゲー2は「B」と「V」を

区別するゲームです。前後の文脈がないのと、いろんな人の声で録音されて

いるので、相当に難しいです。

 

結構自信があったのですが、ポツポツ間違えて、がっくりです(笑)。

普段は不便に感じないので、自分は音じゃなくて、前後の文脈や

相手のくちびるの形で判断していることを思い知らされました。

スポンサードリンク