日本人にとって英語は難しい言語か? - できる!英語学習 究極のヒント

できる!英語学習 究極のヒント

 日本で独学でバイリンガルになった著者が、自身の豊富な経験を元に、英語学習に役立つヒントをシェアしています
スポンサードリンク


ソーシャル



公式フェイスブック交流ページ

著者紹介


川合 亮平 Ryohei Kawai
ロンドン・東京在住の
フリーランサー。
国際ジャーナリスト、通訳者
メディアコーディネーターとして、雑誌、書籍、テレビ・ラジオ
メディアで精力的に活動中。

大阪弁とイギリス英語の
バイリンガル。

インタビュアーとしては、
ハリウッド映画「ホビット」主演、BBCドラマ「シャーロック」
のワトソン役では英国アカデミー賞を受賞した
マーティン・フリーマンをはじめ、全英アルバムチャート1位を
獲得したエド・シーラン、アークティック・モンキーズ、
キャサリン・ジェンキンスなど、UK出身のミュージシャン・俳優
への英語インタビューを多数手がけている。
ロンドン五輪の現地取材も慣行。

高校時代の英語の成績は、
学年480人中478位の
落ちこぼれながら、
20歳から国内英語独習を
本格的に開始し、
現在の英語力に至る。

著書は、
『イギリス英語を聞く
The Red Book』
(コスモピア株式会社)
など。そのほか、月刊誌
『The English Journal』
(アルク)や季刊誌
『AERA English』
(朝日新聞社出版)
への寄稿も多数。
ブログ:ameblo.jp/ryohei-kawai-blog
ツイッター:@ryoheikawai

日本人にとって英語は難しい言語か?

スポンサードリンク

今回はいつものアメリカ英語についてではないですが、

ふと考えたことがありました。

 

「日本人は英語がヘタ」で、学校教育が元凶と言われます。

ただ、学校教育なんてそもそもどの国でも画一的なもので、

日本だけが取り立てて劣っているというのも変な話です。

 

学術的な分析ではないですが、自分で少し外国語を勉強した

経験から、言語の難しさには言語差があるように感じます。

 

例えば、フランス語は

文字-基本アルファベット、超簡単

発音-鼻母音が超難しい

文法-難しい(動詞の活用)

 

と感じました。イタリア語のほうが、

文字-アルファベット、超簡単

発音-「R」を巻き舌にする以外はローマ字読みに近い

文法-難しい(動詞の活用)

 

発音がしやすく、聞き取りもしやすい分、何倍も簡単に

感じました(同じレベルまで行くのに数倍上達が早かった)。

 

ラテン語も少しかじったのですが、

文字-基本アルファベット、超簡単

発音-棒読み(というか「読む」言語で話す言語ではない)

文法-難しい(動詞の活用)

 

で、やたら活用を覚えるレッスンだったのを覚えています。

 

韓国語は、独学でやろうとしたのですが、

文字-ハングルを覚える必要、覚えるまでは超難解

発音-日本語に近いらしい

文法-日本語に似ているらしい

 

でハングルを覚える所ですぐ挫折しました。

 

中国語は

文字-漢字なので抵抗感なし

発音-抑揚が難解

文法-漢文ぽくて、そんなに難しそうでなさそう

 

という感想でしたが、抑揚がさっぱり分かりませんでしたね。

 

要は言語によって、学びやすさの差があるのと、

引っかかって挫折するポイントが違ったんですね。

 

以上を踏まえて感じるのは、日本人にとっての英語は、一般的に

文字-アルファベット26文字、超簡単

発音-ローマ字風に読めそうだが、母音・子音が多く、綴りと発音が一致しない

文法-難しいが、動詞活用はそんなでもない

 

なんじゃないかと。

 

実は、難しいのは(軽視されがちな)発音の部分ではと考えています。

 

英語は日本語より音の種類が多い上に、いろいろな言語に影響を受けたため

「綴りと発音が一致しない」という、世界的にみても数少ない言語で、

実はアメリカ人でも小学校で綴りと発音の関係を勉強をするぐらいなんです。

 

日本人にとって英語の発音は難しいのに、残念ながらあまり学校では時間を割きません。

 

この事実は書いたり読んだりするのはできても、喋れない、聞けないという日本人の

英語の悩みとも一致しますし、

 

ミュージシャンのような耳が良い日本人はけっこう英語を話せるというのにも合致します。

 

逆にいうと、一番難しい発音をいかに重点的に勉強して乗り越えるかが、

日本人が使える英語をマスターするカギなんじゃないでしょうか。

 

 

※余談になりますが、

日本語を勉強している友人のアメリカ人に日本語は

どうかと聞いたことがあります。

 

文字-ひらがな(50)、カタカナ(50)、数百~数千の漢字、多すぎ

発音-漢字にいくつも読み方があるのが難解

文法-超難解

 

というような、八方ふさがりな意見でした(笑)。

 

いかに文字を覚えるかが、外国人の日本語の第一関門になりそうですが、

 

別の知人で、数年日本に住んでいたので、普通に日本人と話せるぐらいの日本語力ですが、

全然読み書きできない人がいます(アルファベットなら、読み書きができるんです)。

 

彼のケースは、一番難しい日本語の文字を全部すっ飛ばして、話し言葉として

日本語を覚えちゃったんですね。これもひとつの生活の知恵です。

 

(当サイトのメインの著者でなく、その知人がゆるーく書く、アメリカ英語に関するコラムです)

スポンサードリンク