やがて哀しき外国語、とは - できる!英語学習 究極のヒント

できる!英語学習 究極のヒント

 日本で独学でバイリンガルになった著者が、自身の豊富な経験を元に、英語学習に役立つヒントをシェアしています
スポンサードリンク


ソーシャル



公式フェイスブック交流ページ

著者紹介


川合 亮平 Ryohei Kawai
ロンドン・東京在住の
フリーランサー。
国際ジャーナリスト、通訳者
メディアコーディネーターとして、雑誌、書籍、テレビ・ラジオ
メディアで精力的に活動中。

大阪弁とイギリス英語の
バイリンガル。

インタビュアーとしては、
ハリウッド映画「ホビット」主演、BBCドラマ「シャーロック」
のワトソン役では英国アカデミー賞を受賞した
マーティン・フリーマンをはじめ、全英アルバムチャート1位を
獲得したエド・シーラン、アークティック・モンキーズ、
キャサリン・ジェンキンスなど、UK出身のミュージシャン・俳優
への英語インタビューを多数手がけている。
ロンドン五輪の現地取材も慣行。

高校時代の英語の成績は、
学年480人中478位の
落ちこぼれながら、
20歳から国内英語独習を
本格的に開始し、
現在の英語力に至る。

著書は、
『イギリス英語を聞く
The Red Book』
(コスモピア株式会社)
など。そのほか、月刊誌
『The English Journal』
(アルク)や季刊誌
『AERA English』
(朝日新聞社出版)
への寄稿も多数。
ブログ:ameblo.jp/ryohei-kawai-blog
ツイッター:@ryoheikawai

やがて哀しき外国語、とは

スポンサードリンク

やがて哀しき外国語、は、村上春樹のエッセイ集ですが、

 

その内容は彼のアメリカ東海岸生活や、英語で暮らすことの大変さや楽しさを

書いたものです。

 

生活についてもそうですが、翻訳もされる村上春樹さんでも英語は苦手なこと、

英語のスピーチで何をしゃべったか頭が白くなって覚えてないとか、大学で授業

するのは日本語なんだとか、いろいろ面白い内容の本です。

 

私個人の意見でいうと、高校生~大学生ぐらいまでに英語ネイティブの環境に入らずに、

外国語として英語を身につけた場合、英語はどうしてもナチュラルに身についた感じが

しません。

 

喩えていうと、聞き手でないほうの手でずっと文字を書いている感じで、うまくはなるの

だけれど、なんか違和感があるんです。日本語で言ったほうが10~20倍は自由に

表現できます。

 

日本人でほんとうに自由に英語を書ける人はなかなかいませんし、さらに話し言葉になると

どうしても違和感が出ます。そうであると腹をくくって、左手で右手並みにうまくなるハンディを

背負いながら、ゆっくり着実に英語を学んで伸ばしていくしかないんでしょうね。

 

話はそれますが、翻訳の場合、ちゃんとしたところに頼むと、英語から日本語の場合は日本語

ネイティブ、逆は英語ネイティブが担当します。これも結局、外国語側に表現の制約が出るので、

母国語で書かせるようにしている訳ですね。

 

(メインの著者ではない、別のアメリカ在住の知人が書く英語に関するエッセイです)

 

 

 

スポンサードリンク