オーディオブックで英語学習 - できる!英語学習 究極のヒント

できる!英語学習 究極のヒント

 日本で独学でバイリンガルになった著者が、自身の豊富な経験を元に、英語学習に役立つヒントをシェアしています
スポンサードリンク


ソーシャル



公式フェイスブック交流ページ

著者紹介


川合 亮平 Ryohei Kawai
ロンドン・東京在住の
フリーランサー。
国際ジャーナリスト、通訳者
メディアコーディネーターとして、雑誌、書籍、テレビ・ラジオ
メディアで精力的に活動中。

大阪弁とイギリス英語の
バイリンガル。

インタビュアーとしては、
ハリウッド映画「ホビット」主演、BBCドラマ「シャーロック」
のワトソン役では英国アカデミー賞を受賞した
マーティン・フリーマンをはじめ、全英アルバムチャート1位を
獲得したエド・シーラン、アークティック・モンキーズ、
キャサリン・ジェンキンスなど、UK出身のミュージシャン・俳優
への英語インタビューを多数手がけている。
ロンドン五輪の現地取材も慣行。

高校時代の英語の成績は、
学年480人中478位の
落ちこぼれながら、
20歳から国内英語独習を
本格的に開始し、
現在の英語力に至る。

著書は、
『イギリス英語を聞く
The Red Book』
(コスモピア株式会社)
など。そのほか、月刊誌
『The English Journal』
(アルク)や季刊誌
『AERA English』
(朝日新聞社出版)
への寄稿も多数。
ブログ:ameblo.jp/ryohei-kawai-blog
ツイッター:@ryoheikawai

オーディオブックで英語学習

スポンサードリンク

ビジネスの世界で、本を読むのと同じぐらい、よく勧められるのがオーディオブック。

 

アメリカでは自動車で通勤する人が多く、カセットテープの時代から、ビジネス書や小説を

朗読して録音した、オーディオブックが普及しています。

 

本と同時に発売になったり、最近ではCDと同様にダウンロード形式のものもあり、

本当にポピュラーです。結構な確率で、著者自身が朗読して吹き込んでいることも多いです

(日本の著者でそこまで出来る人がいるかと考えると、すごいことです)。

 

もちろん、本の文章をそのまま読んでいるので、書かれた英語が理解できて、かつそれを耳で聞いて

完璧でなくてもいいので(何度も聞けばいいので)理解できる英語力が必要ですが、

著者の気持ちなども伝わってきて活字とは違った面白さがあります。

 

最近話題の、スティーブ・ジョブスの公式の伝記でいうと、abridged(要約、短縮したもの)と

unabridged(全文のもの)の2つが、本の発売と同時に出ています。unabridgeの方は全部で

25時間!にもなります。

 

これを使った英語学習のコツは、興味のある内容のものを聞くこと。日本語で読んで面白そうな

ものでないと、いつのまにか聴いているつもりで聞いていない、という自体に陥ります。

 

言語は文字である以前に、基本的に音声であるので、音声で効くことは英語を生で頭に入れる

ことになります。リズム、強弱、声のトーンなど、文字ではわからない、朗読のされ方で分かるもの

もあるので、聞けさえすれば文字より分かりやすいです。

 

もうひとつは、聞いてみて(あるいは本で読んでみて)、スムーズに理解できる難易度のものを

聞くことです。音声は流れ続けるので、止めて、音から綴りを予想して辞書をひくというのは手間に

なるので、聞き流して8割以上分からないと厳しいです。

 

でも、日本語に訳されていないオーディオブックを、著者本人の朗読で楽しめたり、面白い内容の

ものに出会うと、「英語を勉強してよかった」と心から思えます。

 

※アメリカ英語日記は当ブログのMainの著者の知人による、英語にかんする随筆です。

 

 

 

 

スポンサードリンク