英語プレゼンのコツ - できる!英語学習 究極のヒント

できる!英語学習 究極のヒント

 日本で独学でバイリンガルになった著者が、自身の豊富な経験を元に、英語学習に役立つヒントをシェアしています
スポンサードリンク


ソーシャル



公式フェイスブック交流ページ

著者紹介


川合 亮平 Ryohei Kawai
ロンドン・東京在住の
フリーランサー。
国際ジャーナリスト、通訳者
メディアコーディネーターとして、雑誌、書籍、テレビ・ラジオ
メディアで精力的に活動中。

大阪弁とイギリス英語の
バイリンガル。

インタビュアーとしては、
ハリウッド映画「ホビット」主演、BBCドラマ「シャーロック」
のワトソン役では英国アカデミー賞を受賞した
マーティン・フリーマンをはじめ、全英アルバムチャート1位を
獲得したエド・シーラン、アークティック・モンキーズ、
キャサリン・ジェンキンスなど、UK出身のミュージシャン・俳優
への英語インタビューを多数手がけている。
ロンドン五輪の現地取材も慣行。

高校時代の英語の成績は、
学年480人中478位の
落ちこぼれながら、
20歳から国内英語独習を
本格的に開始し、
現在の英語力に至る。

著書は、
『イギリス英語を聞く
The Red Book』
(コスモピア株式会社)
など。そのほか、月刊誌
『The English Journal』
(アルク)や季刊誌
『AERA English』
(朝日新聞社出版)
への寄稿も多数。
ブログ:ameblo.jp/ryohei-kawai-blog
ツイッター:@ryoheikawai

英語プレゼンのコツ

スポンサードリンク

 

英語プレゼンのコツ、というと大きなテーマですが、

 

「初めて英語でプレゼンする」とか、

 

「プレゼンでも緊張するのに、プラス英語か。。。」

 

というレベルの方向けの話です。

 

特にネイティブ向けに行う場合、日本語の長い説明をそのまま英訳して、

日本人が読むと、ネイティブには聞くに耐えません。

 

日本人が抑揚なく英語を棒読みすると、全然分からないらしいです。

 

なので、コツは、

 

英語をなるべく短くする、

 

主要なキーワードはプレゼンのスライドに入れておく、

 

写真やビデオがあればできるだけ取り入れる

 

です。

 

ちゃんと英語を喋りたいのであれば、ネイティブの誰かに吹きこんで

もらって、それをマネして練習すると、分かってもらいやすいです。

 

あとは、プレゼンのあとや途中に、聴いている人が、質問や意見やコメントを

どんどん「まぜこぜ」にいうのが英語プレゼンの典型的パターンです。

 

スピーカーだと、意識がスピーチの方にいっていて、

どこが質問がよく分からないということがよくおきます。

 

 

ココだけは司会か誰かに、「質問はこれ」とアシストしてもらえるように

しておくと、楽です。

 

 

 

スポンサードリンク